So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

甲子園のスタンドで応援する野球部員の人生はくだらないか? [スポーツ]

ネットに”ぼく「三年でスタンドで応援してる奴らの人生ってくだらないよなw」と学校で言った結果”というタイトルの書き込みがあったので、気になって読んで見た。”「人間には様々な役割がある。キミの見方は一面的」「彼らは彼らなりに貢献しているのに失礼」「仲間を応援してなにがわるい?」とかボロクソ教師からもふくめてたたかれたんだがw オレなんかまちがってたの?w”とスレ主は悪びれた様子もない。最近は、こういう考え方をする高校生(多分)が多いのだろう。私の頭をよぎったのは「彼は帰宅部ではあるまいか?」という事で、部活で何らかのスポーツをやっているならば、こういう感想を持つ事はあるまいと考えたからだ。そして「自分の何が悪いのか?」も理解出来ていない、言わばまだ子供である。彼の疑問に対する書き込みを見ても「小学生かな」「目立つ物しか注目出来ないから物事を見誤るよ 影で苦労しているやつもいることを忘れたらアカンで」という書き込みにもめげず、スレ主は「応援するために部活入ったわけじゃないでしょうがw」「スタンドの応援はいらないでしょうがw」「純粋に疑問なんですw あんたの人生それでいいのかっておもうんですw」と反論して、自分の考えの幼さを素直に認めない。彼に同調して「坊主にして、朝から晩まで野球の事を考えさせられて、先輩からは挨拶の強要や雑用の押し付けをやらされ それを三年耐えた結果がスタンド絶叫マン」というする書き込みもあったが、「たった3年間の出来事で人生を語るな!」という反論があったので、少し安心した。強制ならいざしらず、本人が好きで、納得して、熱心にやっている事に対して、何の努力もした事もなさそうな、それでいて浅はかでこざかしい若者に久々にムカついてしまった。多分、彼は今のままでは一生変わるまい。


娘と孫が遊びに来たので、近くの航空公園に遊びに行ったら、どこからか太鼓を鳴らして大勢で応援している声が聞こえる。そういえば公園内に野球場があった事を思い出し、覗いて見る事にした。試合は「平成29年度夏季西部地区高校野球新人大会」で「狭山工業対星野高校」だった。応援していたのは三塁側スタンドの星野高校のベンチに入れない野球部員達と生徒達で総勢60人位で全員総立ち。今、甲子園が熱いけれど、ここにも野球が大好きな若者がいる事を知り嬉しくなってしまった。試合は2回表が始まったばかりで、スコアは4-4である。結構、好試合かなと思って暫く観戦する事にしたのだが、やけに一塁側が静か過ぎる。ベンチを見たら、部員が見当たらないし、一塁側スタンドにも数人が座っているだけで、寂しい限りだった。試合は星野高校の一方的な試合になり、結果を見ずに野球場を離れてしまったが、多分コールドゲームだろう。帰宅してネットで狭山工業の野球部を調べたら、部員数11人の1、2年生だけのチームだった(星野高校は60人)。「どちらのチームに入った方が楽しいのだろうか?」という疑問が湧いたが、愚問だろう。「弱小チームだが、部員が少ないので試合に出られる」か「強豪チームなので部員数も多くベンチ入りも出来ないかも知れないが、それは自分の努力次第だ」と考えるかは本人次第であるし、どちらでも間違いではない。


今、甲子園で行われている全国高校野球選手権大会を観ていると、ベンチに入れないのでスタンドで熱心に応援している野球部員の多さに驚く。甲子園出場校の部員数を調べて見たら、仙台育英の150人を筆頭に智弁和歌山の32人まで、ずらりと部員数が並んでおり、100人を超える高校だけでも12校、50人以下など僅か5校しかない。なので、ベンチ入り出来ない若者の方が圧倒的に多いが、彼らの必死の応援も高校野球を熱くする一つの理由ではあるまいか?冒頭で「スタンドで応援する野球部員の人生はくだらない」とうそぶいた若者が、彼らを前にしても同じ事が言えるのかどうか見てみたい。その時に彼の頭をファウルボールが直撃しなければ良いのだが、万が一当たっても彼の頭は硬式ボールより硬いのでたいした怪我もしまい。「井の中の蛙 大会を知らず」


nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 18

コメント 2

LargeKzOh

 ブログを拝読させて戴き、スポーツに青春をかける若者が今でもいるんだなぁ・・・と思った次第です。
 一校一チームでなく、強いところは複数のチームを出しても良いシステムなんて・・・考えられないでしょうねぇ(苦笑)。

 以下は大学ラグビーの場合:
 ラグビーは日本ではマイナーもいいとこのスポーツですが、それでも高校や大学も強豪校と呼ばれるところはご紹介のと似ています。
 大学ラグビーの場合ですと、帝京大学がダントツに強く、登録選手数も超多数なので、自分はここをA,B,そしてCの3グループに分けて帝大A、帝大B,帝大Cとして関東対抗戦グループに参加したらいい。
 そうすれば、優勝は帝大A,準優勝は帝大B,3位が帝大C、若しくは明大か、筑波大か、慶応義塾か、早大・・・とフリーカー同士で話し合っています。

 こんな冗談が通じれば、試合に出られない控え選手も皆が試合経験を積んで・・・なんて。
 自分は中学・高校では選手数が足りない柔道部で、その為いつも対校試合では次鋒役で、圧倒的に負けが多かったですが、柔道部OB会では今でもその話題で盛り上がります!(人生いろいろです)
by LargeKzOh (2017-08-16 13:51) 

tonnura0919

私はもうすぐ65歳ですが、毎週土曜日4時間位バドミントンをやっています。一週間に一度ですが、スポーツで流す汗は次の一週間の活力になっており、スポーツが出来る体であることに感謝しています。「頭ばっかりでも、体ばっかりでも、ダメよね♪」という乳製品プチダノンのCMを思い出しましたが、これって、若者向けのCMだとばかり思っていましたが、老人にもあてはまる事に今、気付きました。頭、体どちらも生きて行く為には必要ですね。その事を再認識させてくれる仲間がおいでになる LargeKzOhさんが羨ましい。

by tonnura0919 (2017-08-16 17:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント