So-net無料ブログ作成
検索選択

節酒を始めた父へのプレゼントがウィスキー [教育・生活]

先日、娘が「父の日送ったんだけど、24とかすごい遅くに届きそうだわ。ごめん」というメールを送って来た。「我が家は、一般と違って6月だけじゃなく毎月の第三日曜日が父の日なので、7月分が早く届いたと考えるようにするから平気だよ」とメールを返したのだが、「18日だけだよそれ!」という返事が来て無視されてしまった。前にも記事で書いたが、娘はダービーを見に行って馬券を買い17万円儲けたので、日頃お世話になっている私に何かしらのお礼があってしかるべきだと思っていたのだが、「そうか、父の日に例年に無く高価な物をプレゼントしてくれるのか」と楽しみに待つことにした。ところが昨日、バイト先から帰って来たら、アマゾンからの品物が届いている旨の再配達通知が郵便受けに入っていた。品物は食料と書いてあり、「アマゾン?何か頼んだかな?息子かな?」と考えたが、息子ならば必ず私に教えるように言ってあるので、誰が注文したのか思い至らなかった。「まあ、受け取って見れば判るだろう」と再配達を待っていたら、数時間後に配達員が「重いですから気をつけて下さい」と届けてくれた。中身は「VOX」という炭酸が強い炭酸水500mLが24本だったので重い筈である。箱の中には他に何も入っておらず贈り主が不明なのだが、娘に間違いあるまいと思いメールした。前にも田舎から荷物が届き、てっきり姉だろうと思って送り主を見もせずにお礼の電話したら「私じゃない」と言われて、何だか催促しているようでバツが悪かった。でも、今回の品物は物が物だけに娘しかあるまい。そもそも、私がハイボールにはまってしまった原因は、数年前に娘がプレゼントしてくれた「サントリー角のハイボールセット」なのだから。それにしても炭酸水が24本とは、不思議なプレゼントである。


とりあえず炭酸水を冷やして、それでハイボールを飲んでから娘に「VOX届きました。プレゼントありがとう。確かに炭酸強くて、ハイボールが美味しかったです」とお礼のメールを出したら「えっ!もう届いたの?」「ウィスキーも贈ったけど届いてないよね」「じゃあ、ウィスキーが24くらいに届くんだ」と返事が来て、やっと謎が解けた。「それまで炭酸水が残っていないかも」と返したら「それまで残しておくように!」と返されてしまった。さて、24日迄にどんなウィスキーが何本届くのだろう?4本位届いてくれないと炭酸水の数と合わない。競馬で大儲けしたのだから、サントリー山崎が4本位か?とさもしい想像をしてみたが、案外、サントリー角瓶1本だけだったりして。そうなると、お米1俵とおかずを送ったからね、と言われて受け取ったおかずが「のりたま一袋」のような気分だろう(ちょっと違うかな?)。文句を言うとばちがあたるので、何本だろうと有り難く頂戴する事にするが、何本だろうか気になって仕方がない。娘に何を何本贈ってくれたのか聞けば良い話なのだが、それが出来る位ならもう少し幸福な人生を歩んでいる。


私は先週から、血液検査の結果が悪くてエコーやCT検査まで受けて、「今のままの量を飲み続けると、まったく飲めなくなるかも知れませんよ」と言われて、飲む量を半分にしたばかりだ。娘には何も知らせていないので、こういうプレゼントになったのだと思うのだが、目の前にプレゼントされたウィスキーが何本もあれば、決心も鈍ってしまいそうだ。娘も節酒している事を知っていれば、別なプレゼント、例えば「のりたま2袋」とか(しつこい)だったのかも知れない。こういう風に「禁煙していたのに煙草、ライター、パイプ、葉巻」「食事制限していたのに、キャビア、フォアグラ、のりたま」「甘い物を断っていたのに、ケーキ、チョコレート、アイスクリーム」「ゲームをやめていたのにPS4とドラクエ11」「我慢していたのに、セーラー服女装セット」等々、父の日にプレゼントされ、やめていたのを再開しそうになった、してしまったというお父さんが結構おいでになるのではあるまいか?「折角プレゼントしてくれたのだから、有り難く受け取り役立てないと相手に失礼だ!」という名目で、禁を破るお父さんが続出するのが「父の日」ではあるまいか?「父の日は 決断問われる 危機の日だ」


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

共謀罪成立 この無力感を 都議選で晴らそう [政治]

共謀罪が余りの強引な採決強行で成立してしまった。これだけ反対意見が噴出しているにも拘わらずである。もう開いた口が塞がらないし、国民の間に「どうせ、何をやっても無駄だ!」という無力感が広まる事を恐れる。安倍政権を倒す為にも、まずは都議会で自民党の議席を減らしたいのだが、生憎私は埼玉県民なので投票権が無い。なので、東京都民の有権者の方にお願いしたい。「世も末だ!」という言葉があるけれど、まさに今回の法案成立の過程など、その典型ではあるまいか?


先日「世も末だ!」と思う光景に出くわした。信用金庫のATMを利用する為に、狭い駐車場に車で入ろうとしたのだが、駐車場の2台のスペースを占有する形で真っ赤なスクーターが止まっており、これまた真っ赤なヘルメットを被った爺さんが、熱心に封筒に入った数枚の書類を眺めていて、私の車に気が付かない(後から考えれば、気付いていたのかも知れない)。私はこういう時にクラクションを鳴らすのが大嫌いで、人が熱心に考え事をしている最中に鳴らせば、相手によっては下手をすると喧嘩やそれ以上の騒ぎになる可能性もあるので、仕方なく待っていた。そうこうしている内に、出て行く車があったので駐車する事が出来、ATMに向かった。老人の傍を通った時に、ちらりと彼の横顔と熱心に見ている書類を見たら、70歳を超えた老人で数枚の書類は何かの振込み用紙とその説明書きのように見えた。私がATMで用事を済ませて出てくると、彼はスクーターに跨り後ずさりして方向転換をしようとしている所だった。ふと、スクーターのあった場所を見ると、封筒と書類が落ちていたので「落し物ですよ」と声をかけようとしたのだが、彼の目線を見るとまだ封筒と書類にあった。彼は落としたのではなくて、捨てたのだという事がすぐ理解出来たので、声をかけるのを止めた。何故なら「落し物ですよ」は、彼には嫌味でしかないので、ひと騒動になるのは避けようと考えたからだ。彼は方向を変えて駐車場を出て行ったが、「良く平気で捨てられるなあ」と感心してしまった。コンビニの前にたむろする若者達以下の行動を、70歳を越えた老人が平気でする光景を見て「世も末だなあ」と思う。


我が家の近くにゲートボールが出来る位の公園があり、ちょっとした遊具や砂場もあるので、何時も幼児から中学生位までの子供達が夕方近くまで遊んでいる。トイレもあり、タクシーの運転手も良く利用しているの見かける。あまり交通量の無い通りだがこの公園の道路沿いに花壇があって、今の季節なのでパンジーやチューリップだろうか?長さ20メートル、幅2メートル位の花壇が100株位の色とりどりの花で満開である。車で通る度に「誰が手入れをしているんだろう?」「子供のいたずらに良く遭わないなあ」と感心して楽しませて頂いているが、先日お爺さんが熱心に手入れをしている光景に出くわした。多分、ご近所の方だと思うのだが、毎日手入れしているような立派な花壇を維持されている事に頭が下がる。私は矜持(きょうじ)という言葉が好きで、最近良く使うけれど、意味は”自負、プライド”。彼を見ると、人としての矜持を感じる。かたや、あたり構わずゴミを捨てる老人もいて、矜持どころか「クズがクズを捨てている」としか思えない。さて「共謀罪」、安倍首相は政治家としての矜持がお有りなのだろうか?彼には「森友学園」も「加計学園」もクズになってしまったので、捨ててしまうのだろう。それを許している自民党、公明党の中から矜持を持った政治家が現れないのだろうか?それともクズに埋もれてしまったか?「共謀罪 最初の逮捕は 自民党」


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダイソン掃除機 1つじゃ足りず 大損害 [教育・生活]

数日前の新聞全面広告に「ダイソン掃除機」の大安売りが載っていた。価格は4万円弱で、定価で買えば8万円位だろうか?バイト先の職場でも実際に使った事もあるし、娘も使っていたが、壁に木ねじで取り付けた充電器が取れてしまった、と助けを求めて来たので「立て板に水ではなくダイソン」というようなタイトルで、充電器は壁では無くて立て板につけて壁に立てかけるようにした方が、あちこちに移動出来て便利だという記事を以前書かせて頂いた。なので掃除機のバッテリーが15分程度しか持たないのも承知で購入する事にしたのだが、短かすぎる。買う前は、15分もあれば狭い我が家を掃除するには十分だろうし、手抜きをすれば3分もあれば終わってしまう。もっと、手抜きをすれば掃除機などいらない。それはともかく、まだ2~3度しか使っていないのだが、コードレスの良さはあるけれど、余りにも使用可能時間が短いなあと思う。購入された方の評判は凄く良いので、どんな使い方をされておいでなのだろうか?と不思議で仕方がない。そして、バッテリーが無くなると、充電完了するまでに3時間半かかる。バッテリーが熱いと充電を始めないので、バッテリー切れで使用するのを止めて充電すると4時間位かかってしまう。「まあ、こんなもんか」と思うしかあるまい。この使い勝手の悪さを解消するにはどうすれば良いか?と考え、要は2台買えば良い事に気が付いた。そして、世の中には「一つじゃ足りない物」が一杯ある事にも気が付いた。


最初に思い付いたのが食べ物で、まずは「蕎麦」だが1枚ではとても足りない。この量はどこから来ているのだろう?といつも食べながら不思議で仕方が無い。大盛りでも足りない位で、良く行く蕎麦屋は「300、500、800グラム」というようなメニューで出しているが、これもいただけない(美味しく頂いてるが)、やはり「ざる5枚!」のような注文がスマートのように思うが、その前に一枚の量をもっと増やして欲しいものだ。次が「ヤクルト」でノンスタイルのコント「バー」で「ビフィズス菌のささやき」のカクテル名でも有名(?)だが、この量が「?」である。昔、ガラスの小瓶に入っていた時の名残だろうが、10本飲んでもまだ足りないのではなかろうか?(私はこういう飲み物を受けつけない。だってアルコールが無い)。「おにぎり、食堂のライス」だって、一つじゃ足りないと思っておいでの方もおいでだと思う。食べ物以外でも、「車のシガーソケット」「ギター」「ポケットティッシュ」「体」「女性専用列車」「生命保険」「職業(副業しないと生きて行けない)」「恋人」等々、中には「それは違うでしょ!」と思われる物も入っているかも知れない。最後の「恋人」だが、フジテレビの木曜10時の「人は見た目が100%」で、先週のストーリーでは成田凌演じる美容師が「恋人が一人じゃもの足りない」らしく、桐谷美玲が演じる主人公に交際を申し込んでおいて他に彼女がいるのがばれても平気どころか「何がいけないの?」だったので、カチンと来た。少なくとも交際を申し込む前に、主人公に断るべきではあるまいか?次回が最終回なので、コメディドラマらしく納得出来るようなオチが欲しい。


ここまでは「一つじゃたりないけれど、まあ我慢するか」レベルなのだが、深刻なのが「地球が一つじゃ足りない」のだ。今、絶滅危惧種が 大変な勢いで増えており、原因の一つは温暖化らしいのだが、人間が増えすぎていることも原因らしく、生物を含めて地球の資源がピンチ状態だという。数年前になるが、ある記事では「以前は全人類がアメリカ人並みの生活をするには地球が三個必要だったが、今はもっと深刻で、全人類が日本人並みの生活をするには地球が二個半必要、アメリカ人並みに生活するには 四個ないと足りない」のだと言う。つまり「それだけ贅沢をする程の資源が、地球一個では足りません!」なのだ。こうなれば、地球上からアメリカ人や日本人を抹殺しなければなるまい(オイオイ)。冗談はともかく冒頭で「ダイソンの掃除機を2台使わないと掃除が出来ない」と嘆いた私など、猛反省をせねばなるまい。なので、明日からしばらくは掃除をしない事にする(前からじゃないか!という声もある)。「何時までも あると思うな 自民支持」


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

酒が無いのは なさけ無い [教育・生活]

先週のCT検査の結果を聞く為に、朝一番で病院に行った。何時もは外来患者などほとんどいないので、待たされずに済む良い(?)病院なのだが、待合室に紺の繋ぎの作業服を着た男性が数人座っており、高齢のご婦人もお一人おいでだった。場違いな作業服に「もしや」と思ったが待つ事にした。後から来た外来患者に受付が「今日は会社の健康診断が入っているので、午後2時からいらした方が待たずに済みますけど」と説明しているのが聞こえる。顔馴染みの看護婦が来て「検査でかなりお待たせする事になりますが、大丈夫ですか?」と言うので「大丈夫です」と応えたが、案の定一時間以上待たされた。私にしてみれば、早く診断結果を知りたい、それも良い結果を。「一見さんより、常連の私を優先すべきだろうに」と思ったが、ここは病院だった事に気がつく。昔、私も立川にある成人病検診センターで、いろんな会社の人達に混じって検査を受けた事があり、その日に検査結果が出るので待っていると、他の会社の人が「あいつ、あの検査結果で明日バーベキューに行くんだってよ。俺だったらとてもそんな気分になれない」と言っているのが聞こえた。「病は気から」という言葉があるように、検査結果などに関係無く、予定通りに楽しむ事を選んだ方が健康には良いのだ、と考えた事を思い出しながら、お呼びがかかるのを待ったのだが、やはりこういう時は不安がよぎり、こういう時間は短い程助かるのだが、生憎の健康診断が入り、やはり長い。私も昔、検査を受ける度に「ガンマGTP」で再検査だったので「健康診断に来た内の数人は再検査になるのだろうな」と思う。「検査すれば、人間どこかしら悪いところがあるさ。例えば頭、顔、性格、体形とか」とつぶやいて気持ちを明るくしようとするのだが、やはりどうしてもいろいろ悪い方向に考えが向いてしまう。


やっと私の番になり、何時もの饒舌な医者が血液検査の結果と前立腺がん検査の結果を説明してくれた。「前立腺がんもPSAが6なので、大丈夫です」と言う。「そんな検査頼んだかな?」と思い、検査結果表の氏名と年齢を覗くと84歳とある。医師から結果表を渡されて「これ、私じゃありませんけど」と言ったら、看護婦が確認し平謝りされてしまった。医者も「今回はPSAを検査しなかったけれど、大丈夫でしょう。心配ならやりますか?」と尋ねられたのだが、勿論、丁寧にお断りした。その後、CT検査の写真を見せられて、肝臓、腎臓、すい臓、胆嚢、胃、腸、大動脈などの説明を長々と受けたのだが、素人には半分以上解らない。結局、「まだら脂肪肝」という診断で「まだ初期段階で、お酒を控えて貰えれば大丈夫。肝臓を元気にする注射もあるけれど、毎月1回打ちますか?」と尋ねられたので、これも丁寧にお断りした。診察結果の説明が終わり診察室を出て時計を見たら、30分近く経過していた。多分、彼は名医なのだろう(結果が良かったのでそう思う事にしたが、そうでなければ..)


やはり、夕食にお酒が飲めないのは寂しいので、先週からお酒の量を半分にして飲んでいる(それでも普通の人より多いかも?)。サントリーのCMで井上遥がハイボールを作って飲むシーンがあるが、今までは「あんな薄いハイボール、美味い訳ないだろう。でも彼女が作ったのだから酔いそう」などと思いながら観ていたのだが、最近私が作って飲むハイボールはもっと薄い、けれど酔う。以前より酔う位なので不思議だ。車に例えればアメ車のリッター3Kmだったのが、軽自動車の12Kmぐらいの違いがある(本当に私の燃費は悪かった)。私はバドミントンをしているが、前程には疲れなくなった。やはり肝臓という位だから「肝」なのだろう。1週間程度の節酒でこの効果なのだから、1ヶ月も続ければ20代の体に戻るのではあるまいか?(オイオイ)。来月、病院に行ったら喜んで血液検査を申し出たい心境だ(悪くなってたりして)。問題は、これから先節酒がどれぐらい続くかどうかである。今日の検査結果で薬が増える事も無かったし、会計が高そうだなと思ったら「今日は診断結果説明なので無料です」と言われたが、その時頭をよぎったのが「浮いたお金で酒が買える!」だったのであまり自信が無い。「検診の 二日前まで 飲み放題」


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

よっ!身売り新聞 [社会]

”読売新聞が、前川喜平前文科次官の出会い系バー通いの報道に関して、「不公正な報道であるかのような批判が出ている」が、「こうした批判は全く当たらない」と、社会部長名で、2017年6月3日付朝刊で主張した。教育行政のトップである人物が、「違法行為が疑われるような店」に出入りすることは不適切であり、「公共の関心事であり、公益目的にかなう」と説明し、「これからも政権・行政の監視と言う報道機関の役割を果たしていく」としている。読売新聞のこの主張に対して、ネットでは批判が相次いでいる。安倍政権が加計学園の獣医学部新設に関与した疑惑への追及をそらすため、読売新聞を通して前川氏のプライベートの行動を利用した、と見る向きが強い。また、朝日新聞記者の上丸洋一氏は、自身のツイッターで、報道すべきポイントは前川氏の行動ではなく、政府の公平性についてではないか、と見解をつづった。”ネット「Livedoor'NEWS」から引用させて頂いたが、ここまで露骨に安倍政権の御用達新聞に成り下がった読売新聞に、最大の皮肉を込めて記事タイトルを付けさせて頂いた。


前川氏の出会い系バー通いの目的は、菅官房長官や読売新聞等の「下種の勘繰り」とは違い「足長おじさん」的な行為だったという週刊誌の記事もある。だが、それ以前に前川氏がプライベートの時間に何をしようが、法を犯さない限り彼の勝手であるし、ましてや「公人」ではない。それを言うなら安倍明恵夫人が、公務員を私用で使っている方が余程問題である筈だ。言うまでもないが前川氏に対する「印象操作」そのもので、「彼の言う事など、出鱈目だ」と思わせようと、読売新聞までもが必死になっていて、もはや滑稽でしかない。そして、この読売新聞の記事に対して、批判が殺到しており、読売新聞社内でもこの記事を嘆いている記者もいるし、購読者にも不買運動が広まりそうな勢いである。こういった裏工作が何の功も奏さずに、返って逆効果になってしまったので、一転して急遽9日に再調査する事を発表したのだが、あまりにも醜い。その再調査も調査結果が何時迄に発表されるのかも明言されていないので、単なる時間の引き延ばしだろう。その気になれば、メールのチェックなど30分もあれば出来るのだから。


それにしても、読売新聞には新聞社としての矜持が無い。2016年下半期の販売部数は朝刊が約895万部、夕刊が約270万部で世界最多であり、題号は江戸時代に瓦版を読みながら売っていた「読売」に由来する140年の歴史を持つ。その日本の3大新聞の一紙が「政府広報新聞」になってしまった。いっそ共産党の機関紙「しんぶん赤旗」のように、与党に身売りする機関紙「醜聞与身売り」とでも名前を変えたら、安倍政権の支持率は高いので、もっと購読者も増えるのではあるまいか?と思ったら、最近の調査では支持率はどの機関の調査でも10%程度急落しているので、あまり期待出来そうもない。読売新聞の情けなさついでにもう一つ、”読売の記者が前川氏に、そうした文書があると明かすのは「守秘義務違反では?」と質問した。会見に出席した与良正男毎日新聞専門編集委員が、「本来、守秘義務との壁と戦う記者の側からそうした質問をしたというのは驚きましたし、ジャーナリズムの危機だと思います。読売は官邸からのリークだと疑われることを覚悟した上でルビコン川を渡ったのでしょう”。「ルビコン川を渡る」とは”もう後戻りはできないという覚悟のもと、重大な決断や行動を起こすこと”の意味だが、読売新聞にその自覚と覚悟はあるのだろうか?株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邉恒雄氏、通称ナベツネは今年で91歳の高齢、なので先日の巨人の13連敗がお体にさわりませんように。「ナベツネの 寿命を巨人が 短くし」


nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かわいい子には食べさせよ そうでない子は旅させよ [教育・生活]

何時ものへそ曲がりなタイトルになってしまったが、勿論、我が子がかわいくない親などいないので(最近、そうでもない親が多くて残念だ)、食べさせて旅もさせるのが一番良いのだろう。本来の諺の意味は”我が子が可愛いなら、親の元に置いて甘やかすことをせず、世の中の辛さや苦しみを経験させたほうがよいということ”なのだが、何故「旅」なのかが私には不思議だった。”昔は現代のように交通機関が発達していなかったので、旅は辛く厳しいものであったことから”という注釈があったので、何となく理解は出来るが、あまりピンと来ない。けれど「旅」とは帰る所があるから「旅」になり、帰る所が無ければ「放浪」でしかない。要は”子供が本当に可愛いと思うなら、親元に置かずに自立生活をさせる方が良い。ただし、突き放すのではなく、疲れたら何時でも帰って来て、一時休んでも良いからね”なのだ。英語では”Spare the rod and spoil the child.(鞭を惜しむと子供はだめになる)”。表現が露骨過ぎて奥行きに欠けるので、やはり同じ意味でも日本語の表現が数段優れていると思う。


新聞投書に「親元離れ感じる周囲の優しさ」があった。実家が離島なので、壱岐高校で学ぶために親元を離れることになった15歳男子で”大抵の人は高校を卒業後、就職や大学進学の為に親元を離れるが、離島留学生は他の人より3年早く自立しなければならない。父が「今まで自分がしていなかった事が全部自分にのしかかる」と言っていたが食事以外の事は全部自分でやらなければならない。その覚悟を持って壱岐市へ来たのだが、住めば都で近所の人は優しい人ばかりで、一緒に居る先輩方は家族のように思えて、今は毎日が楽しい”と投書内容を要約させて頂いたが、文面から全寮制かな?と思ったら壱岐高校の離島留学生の場合はホームステイになり、費用は毎月7万円だが助成が3万円あるので親の負担額は4万円になる。子供にもよるが、大学生ましてや高校生が自炊をするのは大変なのではあるまいか?最初こそ炊事するかも知れないが、そのうちに面倒になり三度の食事もおろそかになる(私がそうだった)。親が一番心配するのは「ちゃんと食事をしているか?」で、それこそ「かわいい子には食べさせよ」なのだ。裕福な家庭の子でも、仕送りが食事代に使われるとは限らないし、ましてや仕送りがままならない親は気が気ではあるまい。そういう点で高校生のホームステイは親代わりもおいでで、食事も心配しなくて済み良いアイデアだなと思う。


彼には失礼だが、戦後中卒者が「金の卵」と呼ばれて集団就職する時代があった。彼らの労働力が高度成長期を支えたのだと思うのだが、彼らに比べれば投稿者の彼は恵まれている。親元を離れなければならない不安は同じでも、一方は労働者でもう片方は高校生なのだ。「金の卵」は遠い地方から長時間列車に運ばれてやって来て、そう簡単には実家に帰れないし、帰るにもお金と時間がかかった。NHKの朝ドラ「ひよっこ」を観ていると、時代は「金の卵」が終わろうとしている頃だろうか?それでも集団就職者の生活ぶりが良く出ていると思う。私はあまり熱心に観ていないが、先週は主人公が今まで勤めていた会社を辞め、新しい職場に移る迄の僅かな休日に里帰りし、一日中寝ていた。そして実家での団欒、食事を楽しんでいた。やはり「ひよっこには食べさせて、そしてまた旅させるのが一番」なのだ。ネットで調べていたら「かわいい子 旅をさせたら 孫ができ」という川柳を見つけた。一般的にはかわいい子とは男の子らしいのだが、もし女の子だったら?と考えたが、どちらにしても孫が出来たのだから、今の時代それも許されても良いのかも知れない。それも「旅」なのだから。「反抗期 あってもなくても 心配だ」


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

虐待と体罰の違いって解ります? [教育・生活]

新聞投書に”親は「虐待」先生は「体罰」なぜ?”と13歳女子中学生が疑問を投げかけていた。”なぜ、親が子供に暴力をふるうと「虐待」で、学校の先生が生徒に暴力をふるうと「体罰」になるのですか?仙台市で4月に、いじめを訴えていた中学2年の男子生徒が、二人の先生から口に粘着テープを貼られていたというニュースを見て疑問に思いました。同じ暴力なのに、親と先生で言い方が変わるということは、そこに何か違いがあるのですか?子供からすると、どちらも虐待だと感じます。言い方を変えることで、先生方は暴力を正当化しているのではないかと思ってしまいます。私は、この中2の男子生徒を自殺に追い込んだ二人の先生がしたことは、体罰ではなく虐待だと思うのです。誰かこの違いを教えて下さい。”。この二人の先生だが、一人は50代の女性、もう一人は50代の男性、多分だが、男子生徒が授業中に騒いだので粘着テープを貼ったのは女性教諭で、授業の終りの挨拶で寝ていた生徒の頭を拳骨で殴った教師が男性教諭だと思われる。殴られた翌日に自殺したのだが、遺族が学校側に訴えるまで表面化していなかった。私が彼女に答えるとすれば”二人の先生のやった事は「体罰」ではなく「虐待」です。愛情の無い「体罰」は親であろうと先生であろうと「虐待」です。「体罰」には愛情があります。貴方や貴方の友達が親や先生から体に痛みを受けた時に、どちらなのかは貴方が決めて下さい。もう中学生なのですから。”ちょっと厳しいかな?


虐待をする者や体罰をふるう者は、安全な側に自分の身を置いており反撃を受ける事など考えもしないのだろう。そして「体罰」の名を借りた「虐待」は「自分は正しい」と思っているので暴力を正当化しており、厄介きわまりない。私は虐待は受けた事は無いが、体罰は親であれ先生であれ、子供の頃に受けた記憶がある。そして何故体罰を受けなければならないのか?も解っていた。クラスメートが先生から理不尽な体罰、つまり虐待を受けているのを目撃した事もある。中学の時、英語教諭が宿題を忘れた生徒に激怒し、感情的になって自分の手を痛めないように、差し棒で生徒の頬を殴ったのだ。「こんな奴、教師じゃない!」と心底軽蔑した。子供を暴力で押さえこんでいる親も近所にいたけれど、子供が大きくなったら仕返しされるだろうな、と思った。暴力の力など、たかが知れているし、もっと大きな暴力には敵わないのだから。


虐待という言葉では収まりきらないのが、親が我が子を殺す事件。まだ全貌が解明されていないけれど、福岡で起きた現職警察官の母子3人殺害事件。「子供はお前の所有物じゃない!成人するまで預かっているだけだ!」と叫びたくなる。こういう、大人の格好をした子供が警察官なのもがっかりしてしまうが、私が不思議で不愉快だったのは、県警の久田警務部長と近藤首席監察官以下大勢の職員が記者会見で約3分半にわたって頭を下げ続けた事だ。謝罪の意味は「まさか、警察官が犯罪を犯すとは思わなかった、という予断による初動での捜査の遅れ」と「部下の警察官が起こした不祥事に対する警察組織としてのお詫び」だと思うのだが、私はこういった日本の連帯責任的な謝罪が大嫌いで「職場の組織や教育が悪いから起きた犯罪なのか?」と聞きたくもなる。「とにかく謝っておこう」的な対応が見え見えで、相変わらずこういった謝罪記者会見をしないと許さない風潮のある日本にもうんざりだ。前川喜平・前文部科学次官の例を出すまでも無く、職業を離れて、プライベートな時間に何をしようが許されるべきであろう。勿論、法を犯してはならないのは言うまでもないが、少なくとも彼は警察官の立場を利用して犯罪を犯したのでは無いのだから、職業と犯罪を別けて考えるべきではなかろうか?「日本は 何時までたっても 村社会」


nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

想定外 放射能内部被爆 巨人13連敗 大トラ救急車7台 [社会]

「想定外」は魔法の言葉である。良し悪しに関係無く、どんな出来事も「想定外」と言い張れば、ある程度の格好がつく。「不可抗力」に似ているが、全然違う。地震などの自然災害は「不可抗力」だが、自然災害で起きた事故を「想定外」と逃げるのは卑怯だ。ましてや、自然災害などに起因しない事故を「想定外」と言うのは、想像力の欠如の結果ではあるまいか?人間は神では無いので、完全に事故を防ぐ事など不可能だ。しかし、「人間とは不完全な生き物」という謙虚さがあれば、様々に思いを巡らし「想定外」も「想定内」になり、事故を未然に防ぐ事も可能であろう。昔、私がプログラムを組んでいた時に、同僚が「プログラムにはバグが付き物」と言って、自分のプログラムにバグが出ても平気だった。私は「プログラムにはバグが付き物で無くす事は出来ないが、少なくする事は出来る」と考えた。自画自賛で恐縮だが「バグは恥」だと考えていたので、彼よりも優れたプログラマーだったと思う。


茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで起きた、国内最悪の作業員5人の内部被爆事故だが、「この作業でビニールが破れるとは想定していなかった」と説明した。どの位の強度を持ったビニールなのかは解らないが、ビニール袋が破裂した原因も分かっていない。被爆のリスクが恐れがある場合には、通常全面マスクをつけるべきなのだが、口や鼻だけを覆う半面マスクを着用していたという。開発機構も作業員も「想定外」の出来事だったのだろうが、この事故の教訓が今後生かされるとは思えない。今までにも「想定外」の事故が度々起きたが、その教訓が生かされない事など国民は「想定内」なのだ。相変わらずの開発機構、今後もその体質が変わる事もあるまい。


明るい話題に変えると、「巨人の13連敗」(巨人ファンは怒るだろうな)だが「想定外」だろうか?巨人ファンはそうかも知れないが、私には十分「想定内」だった。だって、長年若手を育てようとしないで、金の力で戦力を補強して来た結果なのだ。一軍に上がる事を夢見て二軍で頑張っている若手が気の毒で仕方がない。チャンスさえ与えて貰えないのだから。FAで森福(30)、陽(30)、山口(29)を獲得するなど、30億円以上の大金をつぎ込んだ結果がこれである。もう、いい加減に金で選手を引っ張って来るのは止めたらどうか?「想定外」の働きしかしないのだし、二軍にも「想定外」の活躍をする選手が沢山いるのだから。一方の(?)阪神だが、今の所はセ・リーグ2位で、これも「想定外」で、そろそろ「想定内」の順位に落ち着くのではなかろうか?私は騙されない。新聞記事に”京セラドーム「大トラ」続出、救急車7台”の見出しがあった。原因は飲み放題のチケットで急性アルコール中毒患者が続出したからだ。この日はオリックスとの対戦で11-4で勝利した。勝つだけでも「想定外」なのに、11点もの大量得点は正に「想定外」で、飲み過ぎで救急車に運ばれてしまった人も、車内で「想定外だった!」と悔やんでいるだろう(そんな阪神ファンなどいないか!)。「想定外 その言い訳は 想定内」


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

印象操作 社会学者vsちちんぷいぷい [政治]

朝日新聞の「天声人語」と東京新聞の「筆洗」が同じ言葉を取り上げていた。その言葉とは安倍首相が最近乱用している「印象操作」である。まず天声人語を私なりに抜粋要約引用させて頂くと”森友学園や加計学園の疑惑を追及されると、「それは印象操作だ」と反撃して質問をかわす。元々はアービング・ゴフマンなる社会学者が1950年代に提唱した概念で、人のふるまいを演劇としてとらえ、人は観客を意識して自分の印象を管理していると説く。彼の語法には、何かをねじ曲げたり、だれかをおとしめたりするような攻撃的な含意は感じられない。これを安倍首相のような語法に同調するならば、前文科次官に対する政権の攻撃こそ、まさに典型的な印象操作と呼ぶべきではないか。共謀罪の名を隠して「テロ等準備罪」と呼び変えるのも、堂々たる印象操作だろう。どうにも好きになれない言い回しではある。それでも年末になれば新語流行語の賞に選ばれる予感がする。「忖度」とどちらが上位に来るだろうか。”私は天声人語を読んで何時も思うのだが、「少し固い」「優等生」「笑いが少ない」等々の不満が残る。「民の声、庶民の声こそ天の声」の題名のコラムなのだから、もっと砕けて、もっと庶民よりでも良いのでは?と感じる。


次に「筆洗」を抜粋要約引用させて頂くと”「ちちんぷいぷい」子どもが転んでどこかを痛めたときに唱えるおまじないで「痛いの痛いの飛んでいけ」と続く。徳川家光公の乳母、春日局が使ったのが起源という説もあり、漢字で書けば「知仁武勇」で「あなたは優れた子であり、宝物だからどうぞ泣かないで」の意味になろう。われわれが現在、耳にしているのは国会論戦史上、最悪のまじないかもしれぬ。「印象操作」。それを唱えれば、いかなる悪霊も退散すると信じているかのような最近の安倍首相である。加計学園の獣医学部新設問題をめぐる野党の追及に対し「印象操作だ」「(自分への)印象操作でいいかげんなことを言っている」と唱え続け、質問に真正面から答えようとしない。印象操作といえば、事実を誇張し歪(ゆが)め、相手の評判を落とすようなやり方なのだが、野党は首相と学園理事長との関係を質問しているにすぎぬ。それを印象操作だとすねてしまえば、国会質疑の大部分は成り立たないだろう。痛いところをさする手によって「ちちんぷいぷい」には効果があろう。が、「印象操作」のまじないに効き目はない。時間稼ぎ。ごまかし。それこそ世間の印象を自分で悪く操作している。唱えるたびに「痛いの痛いの飛んでくる」である。”初めて東京新聞のコラムをネットで読ませて頂いたが、やはり「天声人語」程の文章力、説得力が無い。けれど、「天声人語」が思い付かないよう切り口で、読んでいて面白かった。


どちらがお好みか?は読み手にお任せするが、「印象操作」をおまじないとするのは少し無理があり、説得力に欠ける。それでも「ちちんぷいぷい」の起源を知る事が出来たし、ちゃんとオチが付いているのは私の好みだ。東京新聞と言えば、私が浪人時代、アパートで兄と暮らしていた時に購読していた。兄に購読の理由を聞くと「安いから」で、確かに3大新聞に比べればかなり安かったと思う。今、幾らか調べたら朝夕刊セットで3343円、朝日や毎日が4037円なので、やはり少し安い。東京新聞も購読しようかな?と考えたが、私が住んでいるのは埼玉県なので止めた。埼玉新聞も朝刊のみ
で2983円、ネットでちょっと記事内容を調べて見たのだが、あまりにもローカルニュースが多い(当たり前)し、これ以上新聞購読数を増やしてしまうと、経済的にも時間的にもきつくて、ブログを書いている暇が無くなってしまうので諦めた。「安倍総理 操作せずとも 悪印象」 


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

選挙の棄権は危険です [政治]

それにしても、新聞の安倍内閣への批判投書が凄い。私は朝日と毎日新聞を購読しているが、連日のように安倍政権、自民党、安倍一強を許す自民党員への不満の投書があり、両新聞の社説にも批判が度々載る。5日は珍しく、NHKでTV国会中継があったので観ていたのだが、私は自民党や公明党の質問の時は音量を下げて別な事をしている。質問内容が安倍政権の政策がいかに的確で、効果を発揮しているかの自画自賛のPRでしかなく、言わば自民党のCMタイムだから聴いていて不愉快になって来るからだ。それ以上に不愉快だったのが「維新の党 石井苗子」で、彼女には晴れ舞台かもしれないが「魔法使いのお婆さん?俺は国会中継を観ているんだったよな?」と思う程のあまりにも場違いな厚化粧に吃驚した。質問内容はもっと厚化粧で「こんな美人がいるんだから、早く維新の党も与党に加えなさいよ」という媚にしか思えなかった。彼女が昔ニュースキャスターだった頃の切れ味を思い出して、益々がっかりしてしまった。そして、相変わらずの野党の攻撃のまずさにうんざりし、攻撃のまずさにうんざりしている安倍首相にはもっとうんざりした。それにしても、最近益々野党の質問などに一々答えるのが面倒だ、と言わんばかりの態度である。麻生副総理も見ていて不愉快になる。いっそ、彼ら二人に漢字の読み書きテストをさせ、出来が悪い罰として国会議事堂の廊下にバケツを持たせ立たせて置きたい。


昨日の朝刊に「このままの自民なら支持できぬ」という74歳男性の新聞投書があった。”これほどまでに国民を愚弄する政権を、私たちが誕生させてしまったこと、後悔してもしきれない思いでいる。自民党を信じて投票してきた有権者として、恥じるばかりである。(中略)長年、地元の自民党議員に投票して来た。自民党によって国が健全に運営されていると満足もしていた。しかし第三次安倍内閣になって目立つ傲慢さには大きな怒りを感じる。長期政権の安定感よりも、「一強」ゆえの横暴と自民党議員の沈黙に対する不安の方が大きい。自民党議員は地元の有権者の意をくんで、首相に苦言を呈すべきではないだろうか。このままの自民党であれば、私は次回の総選挙では棄権せざるを得ない”。若者はともかく、50~60代以上の方には同意見の方が多いのではなかろうか?この前のある内閣支持率調査では70代は20~30代に次ぐ位の支持率があったが、自分が働き盛りの頃の良き自民党のイメージがずっと残っておいでだろうから無理もない。その70代の老人でさえ、最近の自民党は目に余るのだ。この投書で私が賛成出来ないのは只一点、「棄権せざるを得ない」であり、それでは自民党に有利に働いてしまう。なので、ここは一つ自民党にお灸をすえる意味で、野党に投票して頂き、自民党に危機感を味わらせるのに協力しては頂けまいか?


国民の怒りが通じて(?)か、直近の内閣支持率は下がっている。調査方法にもよるけれど、少なくとも5%程度下がって50%を切ったのではなかろうか?それでも支持率は50%近くある。何故ならば、今日本の現状を考えれば政権を担える政党は自民党しかないのだから。大多数の国民が望んでいるのは、自民党が野に下るのではなくて、安倍政権の退陣、それも疑惑を晴らしての退陣である(疑惑をうやむやにする為の退陣であってはならないのだが、それは無理か!)。それを実現する為には、今まで「太陽が西から昇っても自民党」と考えていた人に「自民党には入れたくないので棄権する!」ではなく、もう一歩前進して「自民党を懲らしめる為に、野党に入れてやる!」と考える老人こそ増えて欲しい。「一票は 清くなくても 構わない」


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感