So-net無料ブログ作成
検索選択

今年も 来ちゃった 確定深刻 [経済]

確定申告の受付が始まっている。”e-TAX”を忘れかけていたので久々に見てみたら、Windows10のEdgeは使えず、IE11を使えと言う。相変わらず官製のソフトだなと感心さえしてしまう。そういえば、昨年の今頃も確定申告の記事を書いたのを思い出したので、記事の原稿を読み返して見たら、そのまま今年も通用しそうな内容だったので、長いけれど引用させて頂く事にする。決して手抜きではない。(来年もこの記事使おうかな?)


毎年この時期になると気が滅入る。確定申告をしなければならないからだ。前々から準備をしておけば良いのだろうが、領収書の整理など3月に入ってからだ。私は自営業なのだが青色申告では無い。それでも申告するのが結構厄介で一苦労する。インターネットの”e-TAX”を利用して確定申告をするのだけれど、解りづらい。もうネットでの確定申告は5回目になるのだが、前年のメモを見ないと無理だ。息子も3年前、私の不要じゃなかった扶養家族から外して確定申告をする事にした。3年前の4月頃、確定申告期間が終わっていたので直接税務署に二人で行く事にした。息子の源泉徴収書を見るとハンコが無かった。会社に頼んでハンコのあるものを貰って来るように言ったら、作り直したらしく支払額、所得税が違っていた。息子の会社は大丈夫なのだろうか?所得税を会社がネコババしてるとは思いたくない。署員に源泉徴収書を見せ、申告して貰った。必要経費は65万で良いという。えっ?何かの間違いではとも思ったが、プロが言うのだから間違いは無いだろう。息子の確定申告も私がする。源泉徴収書の給与支払額と所得税が解れば良いので簡単。今年歯の治療の医療控除と基礎控除の38万円で所得税はかなり安くなり返還される。必要経費が65万円?青色申告でないと駄目では?と思いつつ昨年も今年も提出した。不安だが署員に申告して貰った年の確定申告を基にしているので間違いないだろう。息子の確定申告が終り、次は私の番なのだがいきなりつまずいた。パスワードが違う。パスワード、別名暗証番号とも言うけれどまさに暗礁番号で先に進まない。何度か打ち直したがその日の入力回数を超えてしまった。メモ通りなんだけどなと思いつつ、仕方が無いので暗証番号変更申請書を税務署に提出した。大袈裟だよな。提出した直後にメモが古い事に気が付いた。多分、毎年同じパスワードは危ないので変更しなさい、との指示があり変更したのだと思う。1年に数度しか使わないのに、でも自分の管理ミスなので深く反省。一度思い込むと変えられない性格が又出た。そして今日無事確定申告を済ませる事が出来た。少し所得税も戻って来るので嬉しい。この記事を書いていて、しんこくが深刻に変換されてしまう。私のパソコンだけか?


さて、今年も”e-TAX”で申告しようとして、とりあえずやり方を思い出そうとしたのだが、住基カードでつまづいた。何とカードリーダーがWindows10に対応していない事が解った。そういえば、昨年はまだWindows7のパソコンだった事を思い出した。仕方が無いのでアマゾンで急遽購入したのだが、間違って”非接触ICカードリーダー”を買ってしまった。届いた品物を見て、カードの挿入口が見あたらないので変だな?とは思ったのだが、今まで使っていたカードリーダーをよくよく見ると”接触式”と書いてある。仕方が無いので又アマゾンで注文したけれど、6千円の出費になってしまった。”e-TAX”の自宅利用率は2015年時点で8%と低い。住基カードかマイナンバーカードと3千円程度のカードリーダーが必要で、その上ソフトの解り憎さと使いづらさを考えれば、印刷して郵送または税務署に持ち込んだ方が安上がりで手っ取り早いとお考えの方が多いのだろう。「所得税 払えるほどの 所得なし」


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

卵の四角と赤字のカジノ  [経済]

勿論、正しくは「卵の四角と女郎の真」と言って、ある筈のない事の例えに使われる言い回しなのだが、私は「どちらもありそうだな」と思う。試しに「四角いゆで卵」を調べたら、クックパッドに作り方が出ていた。「女郎の真」は昔、新宿三丁目で知った。残念ながら、限りなく女性に近かった男性だったけれど(冗談です)。本題に入ると、「儲からないカジノは無い!」という事で、誰かが儲かっているという事は誰かが損をしているという事だ。当たり前の事なのだが、損の額がパチンコや競輪競馬と桁が違う。私ごとき貧乏人には、何の関係も無い話しなのだが、今政府は「カジノ法案」を成立させようとしている。それも、2020年のオリンピックに間に合わせるべく、たいした審議もしないで自民党は14日までに参議院で可決、成立させる方針である。


「カジノ」と聞くと色々なスパイ映画で舞台になっているが、私はダスティン・ホフマンの「レインマン」という映画を思い出す。彼は”サヴァン症候群”という病気にかかっており、この病気の特徴は例えば”膨大な量の書籍を一回読んだだけですべて記憶し、さらにそれをすべて逆から読み上げるという常軌を逸した記憶力を持つ”。こんな病気なら私もかかって見たい位だが、残念ながら私は”逆サヴァン症候群”らしい。映画のストーリーの中で、ブラックジャックだったと思うが、使用済みのトランプカードを記憶していて、次に出てくるカードを高確率で類推してディーラーに勝つ。最後はイカサマだとしてカジノから追い出されてしまうのだが、映画は自閉症のホフマンと、初めて兄がいる事を知らされた弟のトム・クルーズが兄弟愛に目覚めて行くというストーリーで、ホフマンが笑いを誘うシーンが結構あるのだが返って涙を誘ってしまう名作だ。この病気の欠点は、発達障害、知的障害、自閉症になりがち。


話しを「カジノ法案」に戻すと、正式名称は「IR(Integrated Resort = 統合型リゾート) 推進法案」で、リゾート地としての発展を望む法案で狙いは経済効果、例えば海外からの観光客に対して効果的だ。法案が通ればアメリカに次ぐ世界第2位のカジノ市場になるという。これに反対する理由として、「ギャンブル=身を滅ぼす」「ギャンブル依存症によって個人の生活に影響を及ぼす」が挙げられており「日本人は出入り禁止にして海外の利用客のみが入れるようにする案」も出てきているらしい。私は賛成でも反対でもなくて、理由は「私には関係が無いから」。お金持ちが幾らお金を損しようが、ギャンブル依存症になろうが、その人の判断でやった事なのだから他人がどうこう言う問題ではあるまい。なので「日本人は出入り禁止」など子供じゃあるまいし、余計なお世話だと思う。逆に、所得税などで金持ちからちびちび取るのではなく、ここは一発「カジノ」でどかんと金持ちからふんだくって、福祉にでも廻して貰えれば有り難い。「貧乏人がはまってしまったらどうする!」という意見もあるのだが、そういう人は遅かれ早かれパチンコや競輪、競馬、競艇で同じ運命を辿るのだし、同情するに値しない。「俺は賭け事が大嫌いだ!」「本当かなあ?」「嘘だと思うなら賭けても良いぜ!」


nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

毎日が年貢の納め時 [経済]

「年貢の納め時」という言葉があるけれど、江戸時代は文字通り年貢なので原則は年に一回で済んでいた。農民は米で、町人はお金や労働で払っていて、商人は儲けの何割かを納めていた。町人の税金など現代の税金に較べれば恐ろしく安かったし、男女比が2:1だったので結婚している人も少なかった。だから、4畳半程度の長屋で一人暮らしていれば「江戸っ子は宵越しの銭は持たねえ!」の粋(?)な生活が出来たという訳だ。もっとも「火事が多かった」「銀行が無かった」「持てなかっただけ」「世の為人の為に金を使った(相互扶助がうまく機能していたので、ある程度お金がなくても暮らしが成り立っていた)」。以上、慌てて調べましたので間違いがあればお許しを。


最近、税金の改定の記事が新聞を賑わしている。まずは配偶者のパート年収が103万円から150万円に引き上げられる。これで夫婦子供2人のパート世帯で世帯主の年収が500万円なら住民税も含めて年5.2万円、年収が1000万円なら年10.9万円の減税になり、約300万世帯が減税になるという試算結果が出ている。年収1500万円の専業主婦世帯は年15.8万円の増税になり、約100万世帯が対象になる。平成27年1月1日現在において全国の世帯数は約5641万なので、いかに年収が500万円以下の人が多い事に驚かされる。私もその一人なのだが、それでも市民税は払わなければならない。問題はあまりにも高い間接税だ。

現代は間接税が酷すぎる。(これを言いたい為に江戸時代を調べました)。新聞の見出しに「ビール類統一 10年かけ酒税簡素化」とあった。簡素化?という表現が気になり、どういう風に簡素化されるのか?内容を見てみたら、値上げだ。”ビール”の酒税は77円だが出荷量は下がる一方で、代わりに”発泡酒”47円と”第三のビール”28円は売り上げは右肩上がりなのだ。これを10年かけて55円程度にするという。折角メーカーが酒税を免れようと必死に開発して来たのに、その企業努力を鼻で笑うような仕打ちで、正に”現代の悪代官”ではなかろうか?ついでに”日本酒”42円と、”ワイン、酎ハイ”28円を10年後に35円程度にするという。要するに、どちらも将来売り上げが伸びる商品の酒税を上げるという事なのだが、これを”簡素化”という言葉で誤魔化そうとしているに過ぎない。


今日の朝刊を読んでいて目を疑ったのが「貧しい子への贈与税軽減を」という見出しだ(贈与税は直接税)。祖父母や親から教育資金を貰うと最大1500万円まで課税されないが、篤志家から貰うと税金を払わなければならないのだ。私でも前者は知っていたが、私には何の関係も無い話しで、後者も私には無縁なのだが贈与税がかかるとは知らなかったし、話が逆ではないか?と怒りさえ覚える。ちなみに血縁関係が無い場合の1500万円にかかる贈与税は一括で受け取った場合、何と450万円と約1/3になってしまうのだ。政府内には「篤志家に出会えた子供と出会えなかった子供との間で不公平が生じる」との懸念があるという。発想が逆で「不公平が生じないようにするにはどうすれば良いか?」を考えるのが政府の責任ではあるまいか?

現在、商品やサービスには8%の消費税がかけられているので、ほぼ毎日税金を払っている事になる。「消費税がかからないものなど、この日本にあるのだろうか?」と調べたらあった。医療費で、通院の時と入院の時の医療費には消費税はかからない。但し入院の時の食事代や備品の購入費には消費税がかかる。追い討ちをかけるように今日の新聞のトップ記事は「70歳以上医療費負担増」。悪代官でもこれほど阿漕な仕打ちはすまいと思うので、私は江戸時代に生まれたかったなあ。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アマゾンは全てを押し流してしまう [経済]

我が家の食堂のTVはパソコンのディスプレイも兼ねていて、USBで接続されてい
るTVチューナーで地デジ放送の予約録画をしている。ところが、Windows10にして
から時々予約した番組が撮れていない。夜遅い番組など、寝てしまうだろうなと思
い予約するのだが、寝ないで観る事も度々あって、こういう番組に限って大丈夫で
どちらを観ようか迷うような場合、例えばサッカーの試合と毎週観ている番組が重
なった時など、サッカーを観て毎週の番組を予約する。こういう時に限って撮れて
いないので腹立たしい。サッカーを観ながら、時々TVをパソコンに切り替えて録画
しているのを確認しているのだが、いざ再生しようとすると再生リストに番組名が
見当たらない。こういうのが一番困る。壊れて使えないのならば諦めも付くのだが
中途半端に役に立っている。まるで我が身を見る様だが、メーカーのHPではとっく
に「サポートはしていません」の古いデバイスなので仕方がないけれど、OSが変わ
る毎に、世の中にはゴミが大量に出来てしまう訳で、我々は「OSが変わったのだ
から仕方がない」と納得してしまうが、よくよく考えて見ればおかしな話しだと思う。
パソコンという何時までたっても開発途上の製品のおかげで、どれだけ多くの人が
不愉快な目にあっているのだろう。パソコンは何時までたっても未完成の製品だ。
完成しているのなら、パソコン教室などというものなど無くても使いこなせるはず。



八つ当たりしても仕方がないので、アマゾンで中古のDVDレコーダーを捜したら
1万円を切る物が見つかった。食事をする時に観る21インチ程度のTVなので、
画質などどうでも良いのでブルーレイなど不要、パソコンにブルーレイが付いている
ので困らない。注文したのが9月1日の22時「翌日お届けします」の記載があった。
何時の間にかアマゾンのプレミアム会員にされていて、お急ぎ便でも無料なのだ。
「そんなに速く着くのだろうか?」と思ったがさすがアマゾン翌日の19時に届いた。
そういえば新聞にアマゾンの記事が載っていて、食事中に「ワインが飲みたくなり
注文したら食事中に届いた」という話しで都内は1時間内で届くという。もっと短縮
出来ないか?も検討中だという。でも、私は便利な世の中になったなあ、とは思え
ず、恐ろしい世の中になったなあとは思う。例えばワインだが、昔は馴染みの酒屋
に電話すればすぐに配達してくれたけれど、アマゾンのせいとは言わないけれども
大型チェーン店等の進出で街の個人経営の商店などは潰れたり、生き残っていて
も大変な苦労をされていると思う。この前何十年振りだろうか?クリーニング屋の
御用聞きの声を聞いた。一軒一軒訪問して「クリーニング屋ですが、何かありませ
んか?」の声、断られて次の家のチャイムを押す行動を繰り返す音が聞こえた。
じっと客が来るのを待っていたら店が潰れてしまうので、止むに止まれぬ行動なの
だろう。今は大手のクリーニング店が非常に安い値段なので太刀打ち出来ない。
こういう現状を考えると、利便性と低価格の裏には多くの犠牲があるのだと思う。



アマゾンではないかもしれないが、ある会社がある社員をリストラしたいと考えたら
こういったネットの倉庫に出向させるのだという。彼に待っている作業は渡された
注文伝票の品を広大な倉庫の中から探し集める事。勿論、時間制限があるので
駆け足にならざるを得ない。これが毎日繰り返されれば、当然辞めてしまうだろう。
私は時々アマゾンや楽天で買い物をするが、届いた荷物を受け取った時にこの
光景を想像してしまう。アマゾンへの出品店も個人経営なのではないか?と店名や
入っていた伝票を見てそう感じる事がある。そういった出品店も、アマゾンにいじめ
られているのだろうな、と想像していたら案の定、新聞に仕入れ価格を操作してい
た事実が載っていた。このアマゾン創立時の名前はカタブラで、ベンチャー計画を
弁護士に電話で話した際に電話でカダバア(死体)と聞き返されたので、世界で最
大規模の流域面積を持つ南アメリカのアマゾン川からとったという。私の頭の中に
は「膨大な物量の流れに次々と押し流されて行く個人経営の小さなお店」がある。



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お金がなくて何が命か [経済]

朝日新聞の朝刊に投稿された記事の結論文である。思わず目を疑ってしまった。
この投稿記事のタイトルは”原発反対派の経済軽視は疑問”。驚く事に、投稿者は
福島県の76歳、文章から推察すると多分男性で、この結論が出るのが不思議だ。

彼の主張は「今の経済低迷を脱出するには原発を再稼動すべきである」という事、
「電力不足になって病院も警察・消防も自衛隊駐屯地も停電になる。停電が頻発
すれば経済が低迷。失業者は増加。新卒者の就職に影響を及ぼすかも知れない」
なので「お金がなくて何が命か」と結論づけたのだ。思わず唸ってしまった。



私が残念なのは、福島県に住んでおられる事、76歳という高齢である事、お金が
命より大事だと考えている事だ。原発の被害に遭って苦渋を強いられている福島の
県民はまだ沢山いらっしゃる。原発の安全神話など吹き飛んでしまったにも関らず
安全が確認されたと言い張り、原発を再稼動させようと政府は躍起になっている。
”想定外”という言葉を絶対に使わないと約束出来るまで再稼動するべきではない。
過去の事故からの反省と現在までの技術の進歩を考えれば、そんな約束は出来る筈
も無いのだから、再稼動を断念する事が最善の選択だと考える。

彼は、原発が火力発電等に較べて経済的だ、とも主張しているがどの位のスパンで
考えているのか疑問だ、何故なら福島の事故だけでも除染作業だけですでに2兆円
原子炉の解体だけでも莫大な費用がかかる。ましてや核廃棄物たるや処理方法さえ
確立していないのだから、費用がいくらかかるのかなど判る訳もなく、目先の費用
を較べて原発は経済的だ、というのは間違いだ。そもそも原発の恩恵にあずかった
世代がゴミを処理しきれないので次世代に押し付ける訳なのだから、我々の子孫は
迷惑このうえない。次世代にとっては経済の足を引っ張る負の遺産でしかないのだ。



よくよく考えてみると、問題は原発再稼動では無く、お金がなくて何が命か、だ。
「生きてるだけで丸儲け」や「命あっての物種」という言葉があるように、命以上
の価値がある物がこの世にあるのだろうか?少なくともお金ではあるまいと思う。
彼が何故「お金がなければ生きていても仕方がない」と考えるようになったのか?
は私には解りかねるが、年下の私が生意気だが、彼の年齢を考えれば発想が寂しい。

彼にとってのお金とは何なのだろう?新聞に投書が出来るのだから新聞購読が可能
な生活をしているのだろうから、三食に困る程困窮しているとは考えにくい。
人生を楽しむ為に必要なお金なのだろうか?お金など無くても楽しむ手段は無限だ。
それともお金を使う事自体が楽しみなのだろうか?もしそうなのであれば、先日の
「老人はお金を使って早く死になさい」と発言した麻生財務大臣が喜びそうな人だ。

新聞には反論も載っているが、もう老齢なので彼の考えは変わるまい。彼に対する
私の反論は「理念がなくて何が命か!」彼にはたわごとだ、と一蹴されるだろうが。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんな筈じゃあなかった! [経済]

今、イギリス国民はこう思っているのではあるまいか?まさかEUを離脱する事になる
とは考えてもみなかったのだろう。投票結果は離脱派が僅かに多かったのだけれど、
もう一回投票すれば結果は逆転する筈だ。そう考える人が350万人もいて署名運動
まで起きている。でも再投票は行われないという。結果に不満なので再投票を繰り返
していたら、何時になっても結論が出ないので、当然だとは思うけれど。

驚くのは”EUを離脱したらどうなるのか?”を考えずに投票した人も多いらしい。
もっと酷いのは”EUって何?”という人も結構いたらしい。これらの事実は離脱が
決定した後でグーグルが発表した関連キーワードの検索回数から判明している。
BBC放送ウェブサイトには「自分の票は結果に関係ないと考えていた。すごく心配」
「自分の票が数に入るとは思わなかった」などの投稿が寄せられたという。



投票結果を世代別で見れば、18~34歳では残留56%、離脱39%なのに対して、
65才以上では残留39%、離脱55%となっており、高齢ほど離脱賛成者が多い。
つまり、離脱による困難が予想される未来を若者よりも老人が決めた事になる。

離脱した結果、未来が良くなるのかどうかは解らないけれど、現時点ではマイナスだ。
”こんなに大変な事になるんだったら離脱に賛成しなければ良かった”、だが後の祭。

キャメロン英首相の辞意表明は潔かった、と言うよりは「もう、やってられるか!
そんなに離脱したいんなら、離脱派でリーダーを選び勝手にやってくれ!」だろう。

私は経済にもさほど詳しい訳ではないけれど、アベノミクスで青息吐息の日本にして
見れば、さらに景気回復が遅れてしまうと思うし、厄介な選択をしてくれたものだ。



昔、友達の奥さんが勤めていた会社にイギリス人がいた。彼はアルバイトで日本車を
本国の車雑誌に紹介していたので、日本の車メーカーが時々彼に試乗を頼んでいた。
彼とスキーに行く事になったが、奥さんが「キチガイに刃物だから気を付けてね」
と訳の解らない事を出発間際に言う。彼の運転でスキー場に向かったが、すぐ奥さん
の言う意味が解った。渋滞がとにかく大嫌いで、猛スピードで走り廻った。対向車線
などおかまいなし。彼が言うには「警察に捕まっても日本語が解らないふりをすれば
大丈夫」。日本の交通ルールをなめきっていた。彼一人でイギリス人を判断しては
ならないのは勿論だが、人の意見などまるで聞かない、傲慢な悪ガキでしかなかった。

今度の離脱で私のイギリス人へのイメージはますます悪くなった。離脱賛成の理由が
”イギリスさえ良ければ良い”だからだ。アメリカのトランプ氏の主張も全く同じで、彼も
”アメリカさえ良ければ良い”という考えの持ち主だ。大統領候補なのであるならば、
もう少しグローバルな視野で物事を考えて頂きたい。もっとも中国などは露骨に実践
しているから、そういう姿勢を世界に見せつける必要があるのだろうけれど。

もうすぐ参議院選挙だが、アベノミクスが”こんな筈じゃあなかった”などと思って
いないのは安倍首相ぐらいではないだろうか?成功しているかどうか国民投票をして
見れば良い。でも、不成功が過半数でもキャメロン英首相のように辞任はすまい。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アベノミクスはアベノミス [経済]

記事のタイトルを思いついた時点で、この上何も書く必要もあるまいと思ったが
それではあんまりなので、私流に続きを書かせてもらうけれど蛇足でしかない。

アベノカクスというタイトルも思いついた。自分のミスを隠す為に、伊勢志摩
サミットで”リーマン・ショック級の自体が発生している”と述べたが、各国
首脳の賛同は得られなかった。現在の経済状態、大企業の業績は上向いたけれど
サラリーマンの賃金は伸びておらず、家庭の消費力は逆に落ちているのが現状だ。
これでは”サラリーマン・ショック”、もう、ミスだった事は隠しきれない。



アベノオクスというタイトルにしようかなと思ったけれど、この人臆すどころか
強気一点張りの消費税先送りの記者会見だった。少しは反省の言葉が聞けるのか
と思ったが、とんでもない。”アベノミクスのエンジンを最大限ふかす”と言う。
言葉だけふかしてもどうにもなるまい、と思うのだが燃料は又も国債なのだろう。

アベノミクダス、自分の政権延命の為には二枚舌を使うまでもなく、一枚の舌が
乾かないうちに、二度に渡る消費税値上げの延期を表明したが公約だったはずだ。
二度やる事は三度やる、と思われ国際社会からの信用もなくなってしまう。
TPP関連法案や野党が提出した対案も審議せず通常国会を延長せずに閉会した。
生活保護を受給する世帯で65歳以上の高齢者の世帯が50%を越えてしまった。
国民、特に高齢者が今どのような生活を強いられているかご存知なのだろうか?



こうなればアベノナクスしかあるまい、が7月の参議院選挙でも大勢は変るまい。
野党に期待したいのだけれども、民進党も相変わらずで期待できる野党がいない。
せめて投票率だけでもあがって欲しいのだが、選挙に期待している国民は年々
減って前回は60%を切った。正に”この程度の国民だからこの程度の政治”だ。

”最高裁判所裁判官国民審査”という国民による審査制度がある。
ご存知のように、罷免させたい裁判官の名前にバツを書くという審査方法だ。
これを現職首相に適用したらどうだろうか?投票率は上がりこそすれ下がるまい。
もうアベノタクス人はいないのでその結果は明白、なのでアベノフクスだろう。
こんな妄想をする程、今アベノスクミ状態。アベノタオスに何か妙案は無い物か。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カード払いには気をつけよう [経済]

アマゾンから請求書が届いた。月に1回程度は利用しているので届いて当然だが、
明細書を見るとプライム会員年会費3900円とあった。はて?申し込んだかな?
ネットで調べたら、気を付けないと無料会員がプライム会員になってしまう様だ。
自己責任なので仕方がないのかな、解約して返金して貰おうかな、とも考えた。
お急ぎ配達の送料が無料なので、まあいいか、という事にした。

そういえば急ぎ配達を頼んでも無料と表示されていたので?と思った覚えがある。
もっと不思議なのはもっと早く配達されても良さそうなのに、届かなかった事だ。



ご存じの様に注文すると出荷した旨と宅急便の伝票番号をメールで知らせてくる。
宅急便のHPに行けば、荷物が今どのような状況にあるかわかる追跡システムだ。
木曜日の昼頼んだら、その日の夕方千葉県市川の集配所から出荷した事が解った。
自宅は埼玉県の所沢市、金曜日にも配達されてもおかしくないな、と思っていた。
ところが金曜日の昼に追跡システムで調べたらまだ市川から輸送中となっていた。
結局届いたのは土曜日の昼、注文した時のお届け予定日なので異存はない。
けれど、何故わざわざ遅配する必要があるのか理由が解らなかった。
想像するに、配達予定日でないと不在の確立が高く無駄足になるから、だろうか?
わざわざお急ぎ便を頼んでいるのだから、直ぐ届けてくれれば良いのにとも思う。

考えてみれば、頼んだ品物が翌日に、へたをすると(?)その日に届いてしまう。
将来はドローンで配達するらしいのでもっと速くなる。恐ろしい世の中になった。
近未来は注文しなくても品物が届いてしまうような気がする。(そんな訳ないか)



それにしてもプライム会員だったとは知らなかった。で、早速特典を調べて見た。
映画が見放題、音楽が聴き放題とあったので早速アプリをインストールしてみた。
映画はTV番組も見ることが出来るのだが、観たいなという気になる作品が無い。

音楽はジャンルが結構あるので、寝ながら聴くのには良いかな?と思ったけれど。
書籍も毎月1冊無料になる。年会費の元を取らねばと考えるのは相手の思う壷か?

ゴールデンウィークで田舎に帰った時、義兄の車はスカイラインの高級車だった。
フルオプションでシートのリクライニングや前後の位置までモーターで動いた。
ところが姪の運転で遊びに出かけたら、高速道路の料金を現金で払っていた。
親に気を使い自腹にしたかと思ったら、そうではなくETCが付いてないと言う。
何故ETCを付けないのと義兄に訊いたら「カードは信用出来ない」と言われた。
「クレジットがない、只のETCカードもありますよ」と言おうとしたが止めた。
生活スタイルは人それぞれなので、余計な口出しは大きなお世話だと思うから。

プライム会員の年会費が、クレジットカードの口座引き落としではなくて現金払い
だったら私は断っていたと思う。何故なら財布からお金が出て行ってしまうから。
目の前でお金が減ってゆく、この感覚が無くなって来ている自分に気付く。
勿論、クレジットカードやETCは便利で私には生活必需品になっている。
けれど義兄のように常に現金払いの生活も潔いと思う。お金があればだけれども。
「スカイラインも現金で買ったんですか?」と訊いたら、「そうだ」と言う。

「何時もニコニコ現金払い」という言葉があったが、勿論売主の言葉だと思う。
今は「何時もニコニコ、カード払い」か?カードの仕組みに恐ろしくなって来た。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シャープな発想に期待 [経済]

シャープの蚊取空清(かとりくうせい)という空気清浄機に蚊取り機構をつけた
製品が爆発的に売れているらしい。殺虫成分を一切使用せずに蚊を駆逐する。
紫外線を好む蚊の習性を利用、紫外線を発するUVライトを空気清浄機に取付け
寄ってきた蚊を吸引し粘着紙に吸着させるというもの。発想がシャープだと思う。



日本での発売は2016年4月だが、先行してアジア諸国で発売を開始しており、
当初の計画の2倍売れているそうだ。何故アジア諸国が先行だったのか?

問題の蚊のだけれど、地球上でもっとも殺人を行っている動物だという。
2014年に発表された統計によれば、蚊は病気を媒介して年間約73万人を
死に至らしめているという。第2位の「人間」43万人を大きく上回り、
第3位の「蛇」3万人の20倍以上だ。

以上は”ビジネスジャーナル”の記事の引用です。



そういえば、アジア諸国でマラリア対策で大助かりのニュースを見た記憶がある。
それはさておき、蚊の次に殺人を行っている動物は人間となっている。
蚊は結果として人が死んでいる訳なので、殺人しようとしている訳ではない。
なので殺人を行っている動物の第一位は人間だろう。

日本の殺人発生率の少なさは世界第2位、ただし0の国の6カ国は除外する。
昨今の凶悪犯罪の多発を考えると本当かな?と思うのだが、他の国が酷すぎる。

引用した記事の本来の目的は、イノベーション(新しい技術の発明)にあった。
蚊取り技術は、キンチョー、フマキラー、アース製薬の三つ巴状態にあった。
そこにシャープの参入、それも全く新しい発想と技術で凌駕してしまった。

シャープは鴻海に買収されてしまった。松下電器は”まねしたでんき”と揶揄
されるのに対し、シャープな発想の製品を発表して来た魅力ある企業だ。頑張れ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リボ払いは悪魔の発明 [経済]

ネットで買い物をする時に必要なのがクレジットカード、そのリボ払いの話です。
新入社員になって初めてクレジットカードを手にした若者も多いと思う。
なので老婆心ながら(爺さんでも使用可)アドバイスさせて頂こうと考えた次第。

ネットで買い物をして支払いの手続きになると出て来るのが、リボ払いの勧めだ。
何故リボ払いを勧めるのかというと、手数料で儲かる仕組みになっているからだ。



手数料は実質年率15%で法律で許している上限だ。1ヶ月では1.25%だが。
悪魔の発明ではないかと思う。自分がお金持ちになったような錯覚を起こさせる。
いくら買い物をしても毎月一定額を支払えば良いので、感覚が麻痺してしまう。

あるHPに載っていたので引用させて頂くが、1万円借りて1ヶ月後に返済した
場合には1万円に1.25%の手数料がかかるので1万125円で良い計算だ。
1万円を1ヶ月借りるのに125円の手数料なので、コンビニのATM感覚だ。

ところが12万円の買い物をして毎月1万円返済したら、手数料は9081円。
つまり、13ヶ月目に9081円を払う事になり総額は12万9081円になる。
実質年率は7.56%、これだけでも恐ろしいが、残高があるのに買い物をする。
そうすると1ヶ月1.25%の手数料が未払残高にかかるので一歩間違うと破産。



リボ払いにも確かに良い所はあり、どうしても必要ならば借りてすぐ返せば良い。
されどすぐ返せる位なら、最初から借りないだろうし、買い物は1回払いだろう。
この辺りの人間の弱さを巧みに突いているような支払い方法なので危険だと思う。

しかし、TVを観ているとキャッシングのCMが多い。それも柔らかいムードだ。
典型は永作博美(45歳!驚いた)のアコム、社名をアコギにして欲しい位だ。

自分の収入以上の買い物が出来てしまうクレジットカード。そしてリボ払い。
昔は月賦と言い、父は嫌っていた。欲しい物は他を切り詰めてお金を貯めて買う。
当たり前だと思うのだけれど、今はそうではない。便利になったのだろうか?
質屋は今でもあるけれど、昔はお金を借りるという事に覚悟が必要だったと思う。
その覚悟をさせないように手続きはやんわりで簡単な審査で済んでしまう。
近頃は都市銀行までキャッシングローン業務を行っている。それも高い金利で。
貯金の利子が0.1%以下で、ローン年率は三菱東京で5.1~14.6%だ。

何時の時代でも”越後屋”がある。昔の方が屋号で解るのでまだましだったかな?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感