So-net無料ブログ作成

高齢者はオートマ車の運転を習っていない? [乗り物]

相変わらず高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いによる自動車事故が後を絶たないが、新聞投書に「AT車の運転 高齢者に教えて」というタイトルで”73歳の知人が『右足をアクセルに、左足をブレーキにのせ両足でオートマチック(AT)車を運転している』と話すのを聞き、驚くと同時に、これが事故の原因かも知れないと思いました。AT車はアクセルを踏まなくてもゆっくり進みます。知人はそれも知らず、バックで駐車する際もアクセルを踏み込んでいるそうです。左右の足を踏み間違えたらと考えるだけで恐ろしくなりました。ここでお願いです。高齢者講習や車購入の際、指導員や販売員の方はチェックし、指導していただけないでしょうか?事故が少しでも減る事を願います。”と69歳の男性からで、アクセルとブレーキの踏み間違いが事故の原因との報道に腑に落ちないものがあったのだが、知人の運転方法を聞き、事故原因の一因だと指摘されている。


私が車の免許を取ったのは43歳の時で、自動車教習所に行ったら、事務員からいきなり学割の話しをされた。頭が「?」で「息子ではなく、私が免許を取りたいんですが」と返すと「免許持っていないんですか?」と言われた。「だから、来たんじゃないか」と心の中でつぶやく。AT車限定の免許を一ヶ月かかって取得したのだが、最初の実技で教わったのが「AT車はアクセルを踏まなくとも動く!これをクリープ現象という!」と私よりもっと高齢な教官が得意げに叫んだので、良く覚えている。車の運転にも慣れた頃、妹の旦那が「AT車でも左右の足で運転している」という。彼は車が好きでマニュアル(MT)車を乗っていたからなのかも知れない。しかし、MT車でもアクセルとブレーキは右足、左足はクラッチだ。AT車はクラッチが無いので、左の足が遊んでいるのは勿体無い、という理由で両足運転をやり始めたそうだ。それを聞いて私も一年程、安全な路上で何度かチャレンジしたのだが、急カーブで怖い思いをして止めてしまった。たまに、急な上り坂で発進する時に両足運転する位だ。右足だけならば、進むか停まるかの判断だけで済む。ところが両足だと、色んな走り方が出来てしまい、頭も体も混乱する。ましてや、高齢者ならばもっと危険が増す。


AT車が普及し始めたのは1989年頃だと言われているので、まだ30年経っていない。なので、現在の高齢者が若い時に免許を取ったならば、運転しているAT車のほとんどがMT車の免許になる。最近でこそMT車の実技講習でもAT車の実技があるのだが、高齢者の時代はMT車の実技ばかりだったから、AT車の運転も自己流になってしまうのだろう。私はバイクの免許を取ったのも33歳と遅いが、始めて買ったバイクは250ccのレーサーレプリカタイプで、クラッチが付いている5段リターンギヤ、長時間乗っていると左手でクラッチを操作するのが辛かった。その後スクーターに変えたのだが、世の中にこんな楽な乗り物があるのに何故今まで気が付かなかったのか?と後悔した。バイクでMT車からAT車への恩恵を体験したのだが、車に乗り始めたら今度は眠くて仕方が無かった。バイクはバランスを取っていないと倒れるが、車はそんな必要は無くて運転にもバイク程には緊張感が無いからだ。今、車の完全自動運転化が急速に進んでいるけれど、将来は居眠りしていても良いのだろう。運転の楽しみが無くなるが、お酒が飲めるので、まあ、いいか?「高齢者 自動運転で 徘徊し」


nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

和服で運転は違反です? [乗り物]

岩手県の自治体が制定した「道路交通法施行細則」には「衣服の袖、裾等によって運転の障害となるような和服等を着用して運転することを禁止する」という項目があるとかで、日本なのにマジで?と思ってしまった。調べてみたら「なお、和服であっても、ズボン又はもんぺ等を履き、かつ、たすき掛け等をしている場合は該当しない」とあったけれど、たすき掛けをした和服の女性が運転している姿を想像して、思わず笑ってしまった。多分だが、過去に和服が原因で事故があったのではあるまいか?それならば袖がたっぷりとしたドレスや、ロングドレスなどのパーティドレスも駄目だと思うのだが、そういう女性は運転手付の車なのだろう。滋賀県でも同様な条例があるのだが、日本でこの条例があるのはこの2県しか無いので、なんだかなあと思ってしまう。ところが「和服」と具体的に書いてあるのが2県だけで、「運転操作に支障を及ぼすおそれのある衣服」等が遵守項目にある県は青森、秋田、宮城、茨城、山形、福島、栃木、福井、静岡、愛知、三重、岡山(2010年度)とやけに東北や関東が多く、寒さと何か関係でもあるのだろうか?福島に住んでいる義兄は坊主なので袈裟を着て運転する事もあるのだが、捕まったという話は聞かない。


昔、会社の同僚が高校生の時にバイクの試験で不合格になった話をしてくれた。「実技試験で自分ではかなり上手に運転出来ていたのに、終り頃になって試験官が遠くから走って来て不合格って言われた。何で不合格なんですか?と訊いたらサンダル履きで運転する奴を合格に出来るか!と叱られた」。私も時々サンダル履きで車を運転するが、これも違反だ。前述の和服禁止だが、履物が草履とか下駄の可能性が多いからではあるまいか?以下、違反になる行為を列挙すると「サンダルやスリッパはNG」「自賠責保険証明書の不携帯(未加入ならば1年以下の懲役または50万円以下の罰金・即時免許停止)」「運転席・助手席のヘッドレストを外す」「ながら運転(スマフォ使用)」「エンジンをかけたままクルマを離れる」「駐車時の窓の閉め忘れ」「キーの差しっぱなし」「水たまりの水を飛ばし歩行者にかけた」「指定場所以外でのクラクション」「夜間のハイビーム」「横断歩道の歩行者を優先しなかった」「バスの発進を妨げてしまった」とここまで書いて、日常平気でやっている事が結構多い事に気付いた。それにしても、少しうるさすぎる気がする。いままでに、上記の違反をした事が無いという人がいるのだろうか?いるとすれば無免許運転者ではあるまいか?捕まるまいと必死で交通ルールを守っているのが無免許運転者しかいないと言うのも、ある意味皮肉ではある。


高速道路では「後部座席のシートベルト未使用」「ガス欠」「のろのろ運転」「追い越し車線を走り続ける」が違反になる。昔、田舎から兄夫婦が結婚式に出席する為に車で上京した時、追い越し車線を走り続けて捕まった話をしてくれた。走行車線が空いているにも拘わらず、10分位追い越し車線を走っていたら覆面パトカーに捕まり警官に「何で捕まったか解りますか?」と訊かれて「?」だったそうだ。「そんなに長く走っていて覆面パトカーに気付かなかったの?」と尋ねると「だって夫婦喧嘩の真っ最中だったから」と明快な答えが返って来た。「罰金6千円払って、又、新たなる夫婦喧嘩の種を作ってしまった」と兄が苦笑いした。「信じません 喧嘩するほど 仲が良い」


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コインパーキングの1日とは24時間? [乗り物]

娘が孫を連れて泊りがけで遊びに来る時は何時も車で来る。我が家の駐車場は1台のスペースしか無いのでコインパーキングを利用せざるを得ない。自宅から徒歩で15分位の所に24時間800円と書いてあるコインパーキングがあり、何時もそこを利用している。もっと近くに安いのがあったらなあと思っていたら、最近出来たらしく歩いて5分位の月極駐車場の一角に、オープニング特価1日300円のコインパーキングを見つけた。近々娘が泊まりで遊びに来るので丁度良いと思い、どんな料金体系なのかと精算機や看板を読んだが、肝心な事が書かれていない。その肝心な事とは1日の定義である。普通、日をまたいで駐車すれば2日とめた事になる。もっと恐ろしいのは、午前0時を過ぎたら日を越えてしまうので、その後は1時間毎の別料金になってしまう事だ。問い合わせ先の電話番号があったので確認して見た。「例えば午後5時にとめて、翌朝の午前10時に出たら料金は幾らになるんですか?」と尋ねると「翌日の午後5時までは1日料金です」との答えだった。「ならば、何故24時間300円と書かないのか?」と言いたかったが止めた。「いつまでオープニング特価料金なんですか?」と尋ねたら「判りません」という返事だった。多分だが、利用者が多ければすぐ正規料金になってしまうのだろう。何故、私が1日と24時間の表記にこだわるのかと言えば、京都に車で旅行した時に日をまたいだので2日分払わされた苦い経験があるからだ。


”「1日最大500円」のはずなのに、5日間の利用で8700円請求された”という記事をネットで見つけた。”業者は「入庫後1回のみ1日500円で、その後は1時間につき100円」と説明したという。つまり2日目からは2400円という計算になる。上記のような料金設定は規約にも書かれていたが、規約自体が「自動販売機の裏」という分かりにくい場所に掲示されていたため、利用者が気付かなかったというので詐欺に近い。中には小さな字で「お釣りは出ません」と書かれている精算機があり、うっかり見逃して千円札を入れてしまったという人もいて、これも詐欺に近い。精算機によっては、間違った駐車場番号のボタンを押した場合に、操作を取り消すボタンなどがない精算機が設置されていることもあるという。コインパーキングの看板や精算機に書いてあるのは、いたずらや事故が起きても責任は持たないとか、貸し手側の責任を逃れる事しか書かれておらず、肝心の料金に関する説明が少ないし、表現もばらばらなので統一的な表示にすべきで、日をまたいだ場合とか超過料金が発生する場合の具体例の表記が一番必要なのではあるまいか?


私のバイト先は駐車スペースが3台あり、普段私も使っているが、たまにお客様が車で来られる場合は、私は近くの8台しか駐車出来ない狭いコインパーキングに車を移動する。その日もお客様がおいでになるというのでコインパーキングにとめようと駐車場内に入ったら、無理やり出庫しようとする車に遭い、一旦駐車場から追い出される形になってしまった。私が駐車するまで何故待てないのか?と考えたらロック板だと気が付いた。精算したらすぐ出庫しないと、又ロック板があがってしまうのを恐れたのだろう。このロック板に関するトラブルが非常に多い。女性ドライバーもこの段差を苦手とされている方も大勢おいでだと思う。最近はナンバーを記録する「フラップレス」方式に代わりつつある。私の住んでいる所は田舎なので、コインパーキングの料金など駐車違反で1万5千円の罰金を払う事を思えば安いものだが、昔娘が遊びに来て路上駐車で捕まる迄はそうは思わなかった。「人間は 痛い目見ないと 変われない」


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スイカ ヤスイカ 美味スイカ? [乗り物]

スマフォでニュースを見ていたら、「スイカに較べてイコカの寛容さに関東人が驚いた」という話題が載っていた。スイカとはJR東日本が夏に線路脇の空き地で栽培して駅構内で販売している物、というのは勿論冗談で、Suicaという名称は”スイスイ行けるICカード“という意味があり、「Super Urban Intelligent Card」の略称が元々の由来で、親しみやすさを表現するためにSuicaと果実のスイカともかけており、そのためカードはスイカをイメージした緑色を基調としているのだという。切符を自動販売機で購入しなくても良いので文字通りスイスイ改札口を通れるが、勿論カードに一駅分の料金残高がないと通れない。ところがJR西日本のイコカは残高が1円でもあれば改札口を通して貰える。「急いでるんでおまっしゃろ?それなら料金は後からで結構だす!」(かなり怪しい関西弁)とスイカに比べてイコカの寛容さを褒めている記事だった。このイコカは親しみを込めて関西弁で「行こうか」を意味する「行こか」とかけているが、元々の由来は「IC Operating Card」の略称でICオペレーティングカードであることを強調するため、ロゴのICを反転させている。朝の通勤では電車を1本逃すと大変な結果になってしまう事が多いので助かる人も多いのではあるまいか?こういう話を聞くと、関西にイコカ?と思ってしまうが、関西は外国だからスイカの他にパスポートとビザも必要なので、私はどうしようか考えあぐねている(関西の人には御免。私は東北の田舎者)。


私も初めはスイカカードを使っていたのだが、スマフォのモバイルスイカに換えて久しい。最近でこそiPhoneでも使えるようになったのだが、私がiPhoneが嫌いな理由の一つだった。このモバイルスイカだが、残高が足りなければ登録しておいたクレジットカードからチャージ出来るので便利だ。とりあえず乗ってしまえば電車内でスマフォでチャージが出来る。ところが電車内でスマフォを使いすぎてバッテリーが無くなってしまったらどうなるのだろうか?という懸念が出てくる。実際に私も経験したのだが、鞄にノートパソコンが入っていたのを思い出してスマフォを充電出来た。でもこれは杞憂だったようでスマフォの電源が入らない程バッテリーが無くなっても、その日位ならスイカを処理するぐらいの電力は残っているのだという。モバイルスイカならば運賃が円単位なのでありがたみは十分承知なのだが、年会費が1030円もするのが残念だ。


以前、改札口をスマフォで会話しながら体を倒してスイカで通る若者を見た。多分、頭の中身もスイカなのだろう。それはさておき、このスイカだが入場券の代わりにはならない。つまり、同じ駅で降りる事が出来ない。昔、池袋駅で電車に乗ろうとしたら事故で運休していた。仕方がないので改札口から出ようとしたら、ゲートが開かず出られなかった。混雑に紛れてゲートを無理やりこじ開けて出たのだけれど、その後スイカで改札口を通ろうとしたら、エラーで使えなかった。駅員に事情を話してモバイルスイカを直して貰ったので使えるようになったけれども、何とかならないものだろうか?これはイコカでも同じで不便で仕方がない。冒頭のニュースに戻るけれど、スイカの薄情さに比べ、イコカの寛容さは関西独特の文化を象徴しているような気がする(よいしょ!)。なので”関西が住みやスイカ?ほなイコカ♪”の気になるし、パスポートはともかく、ビザはお好み焼きか又はたこ焼きで代用出来るらしいので。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モラルが問われるラウンドアバウト式交差点  [乗り物]

車を運転していて時々困る事があるのが交差点だ。何が困るのかというと、スクランブル交差点を普通の交差点と勘違いし、歩行者用の信号機を見ないで車用の信号機を見て「横断出来る」と勘違いする人が時々おいでになる事だ。目の前の信号が青なので疑いも無く横断してしまう。日常茶飯事の動作なので体が動いてしまうのだろう。交差点内にバッテンで横断歩道のマークが書いてあればまだ良いのだが、車用の信号機に「歩車分離式」とか「スクランブル式」とか「スクランブル信号」の標識しか無い交差点もある。車は他の車にだけ気をつければ良いので、運転が楽そうに思えるが、勘違いをした歩行者が悠々と横断していてびっくりする事がある。特に男性の老人に多いような気がする。私はクラクションを鳴らすのが嫌なので、横断が終わるのを待っている。私も普段通行している交差点ならともかく、知らない街での初めての交差点ではやってしまいそうだからだ。間違って横断している老人も、誰も横断しようとしないので途中で気が付く事もあるのだが、もう半分横断してしまったし今更慌てるのも体裁が悪いので、半ばヤケになっている人も多い。最後まで気が付かない人などに遭うと「長生きしてね」と思う。


初めてスクランブル交差点を体験した時は良い考えだなと思った。しかし渋谷駅前の交差点のように、横断者が大勢ならば良い交差点なのだが、少ない交差点は車の渋滞を招くばかりであまり評判が良くない。地方都市などでは、都市の衰退による歩行者の減少とは逆に自動車が増えた為に、スクランブル式であることが交差点での交通渋滞の原因とされて、通常の信号機に戻されるケースもしばしば見られる。なので、もっと良い交差点は考えられないだろうか?という事で登場したのが「ラウンドアバウト式」だ。日本では2014年9月1日の改正道路交通法の施行を受けて全国19箇所で運用が始まり、いまだにルールの試行錯誤を繰り返している。簡単に説明すると”道路が交差している場所に大きなロータリーを造る。ロータリーに進入して来た車は全て20キロぐらいの速度で時計回りで進み、全ての車は左折で目的の道路から出てゆく。ロータリーが混んでいる場合は進入せずに待機する。待機線の手前に横断歩道があり、横断者が居れば停止する。なので右折用のレーンや信号機は不要だ。欠点は車の交通量や横断者が多いと渋滞が起きやすい事と運転手のモラルが問われる事だ”。


街で結構長い歩道橋を見かける度に、車ではなくて歩行者に負担をかけている事が腹立たしく思う。だから歩行者は歩道橋を嫌って、危険だが道路を横切ってしまうのだ。建設費を考えれば一番安上がりなのだろうが、「横断歩道に横断者が待っているならば、車は停まらなければならない。これを怠ったら交通違反だ」をもっと徹底すれば良いのだと思うのだが、結構難しい。私は横断者が老人で、自分の車の後続車が3台程度なら停まらない。何故なら「老人の横断をせかしてしまう」からだ。停まっても老人に手で「先に行け」と合図された事もあった。この「ラウンドアバウト」の意味だが「回り道」「遠回し」という意味だそうだ。信号機が無いからこそ車の運転手の思いやりで横断出来る「ラウンドアバウト式」、今まで回り道をさせられていた歩行者が最優先の交差点になれば良いのだが、日本人のモラルが心配だ。”娘が自動車学校を卒業するときに先生から最後の質問を受けた。「運転者が常に心がけなければならないことは何ですか?」娘は自信タップリに「それは交通巡査です!」と答えたら、先生は「うーん。 一応、正解にしよう!」と言って合格にしてくれた”。(ネット借用)


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

洗車は千差万別 [乗り物]

買い物で出かけたのだが、正月にも拘わらずガソリンスタンドで洗車をして車を磨き上げている人を多数見かけたが私はやる気が起きない。何故なら走るのには何の障害も無いからなのだが、愛車という言葉があるぐらいだから、世の中には車を磨き上げるのが趣味という人も大勢おいでなのだろう。親戚の若者もそうで、トヨタのスポーツカーであるスープラを2台持っており、叔母さんの話しでは休みの日は車の整備と洗車に夢中なのだそうで「だから嫁が来ないんだ」と嘆いていた。彼の2台のスープラだが雨天用と晴天用と使い分けているのだという。「この前は息子に酷い目にあった」と家内の義母と叔母さんが憤慨していた。「何があったんですか?」と尋ねたら、天気予報を見て彼は晴天用のスープラで義母の法事に来た。帰りは叔母と義母を乗せていたのだが、天気予報が外れたのか暗雲が広がり始めた。女性で高齢の二人なので途中トイレが我慢出来なくなり何度も「コンビニに寄ってくれ!」と頼んだのだが、車が雨に濡れるのを恐れた息子は無視して1時間近く走り続けたという。「車と母親のどっちが大事なんだ!」と言っても聞く耳を持たなかったという。怒って当たり前だと思うが、車の為にそこまでやるかと逆に感心してしまった。「余程車の中でしてやろうかなと思ったけれど、何とか我慢できた」と言っていた。後部座席で「トイレ!」と叫ぶ老婆二人と、その声を無視して走り続ける息子を想像すると大笑いしてしまった。


私の自慢は洗車した事が無い事で、その為にボディの色はシルバーと決めている。大雨が降った時の運転は洗車の代わりになるので助かっている。車体に泥でも付けば洗車もする気になるが、今時の道路では泥も被らない。近くに住んでいる義姉にスーパーで会ったら「車買い替えたの?」と聞かれたので「洗車していないだけですよ」と冗談を言ったら笑ってくれた。車の横の窓には雨跡が一杯あるが、正面と背面はワイパーがあるので運転には支障が無い。中古車を買った時、おまけに洗車用具一式を貰ったのだが「私は洗車しませんから結構です」と断ったのだが「当店のサービスですから受け取って下さい」と無理やり渡されたが、物置で眠っている。昔、茄子色の車を乗っていた事があったが、汚れが目立つのでたまにコイン洗車場に行っていた。それでもワックスまでかけた事は無い。コイン洗車場で良く見かけたのがワックスがけで、良くやるなあと感心してしまう。もっとも、高そうな車ばかりだったので、安い車しか乗った事が無い私には理解出来ないのだろう。


私が理解出来ない事が洗車以外にもあり、それは運転席のフロントガラスに小さなマスコット(?)のような人形を一杯並べて走っている人、多分クレーンゲームか何かで獲得したのだろうが、何故それで車を飾るのかが解らない。戦利品を誇示している訳でもなさそうだが、そういう車のドライバーは女性が多いので、自分の部屋を飾るような感覚なのだろう。それと、車内のバックミラーにマスコットを下げてブラブラさせている人で、運転の邪魔にこそなれ何の役に立つのだろう?運転で前の車との距離を取る事は出来るが、後ろにピッタリ付く車はどうしようもない。ピッタリ付かれると非常に不愉快なので対策を考えて見た。車体の色を汚れの目立つ黒等にして、車の後ろに「1年以上お風呂に入っていません!」のステッカーでも貼れば効果てき面かも知れない。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バスより電車の運転手が人気の理由 [乗り物]

昔、子供に「将来何になりたい?」と聞けば「バスの運転手」と答える子供が何人か
居たと思う。最近のアンケート調査によると「電車の運転手」に憧れる子供はいるが
バスはいない。年齢にもよるだろうが、居ても幼稚園児ぐらいだろうか?歳をとるに
つれ段々現実的な職業になって行き、「警察官」や「大工」が人気なのには驚いた。

昔、私の田舎でバスに乗った時に、運転手に顔見知りの乗客が話しかけていた。
テープでバス停を案内するアナウンスが女性の声で流れたら「この声○○の家の
娘のXXじゃないのか?」と乗客が聞いたら、運転手が「そうなんだ。良く判ったな」
と感心していたが、その後は「もう少し色気があっても良さそうなもんだ」から始まり
運転しながら乗客と延々と娘の悪口が続く、それもマイクが入ったままなので車内
中に流れているのだが運転手は気が付いていなかった。娘さんがお嫁に行けなか
ったら運転手の責任問題だ。田舎なので、運転手に「ここで降りる」と言えば「本当
はバス停以外で乗客を降ろすのは駄目なんだけど」と言いながら降ろしてくれた。
こんな時代もあった田舎なのだが、最近は自家用車が普及したので乗客も少ない
ので、バスの料金がすごく高くて、4人ならばタクシーの方が安いぐらいなのだ。



この前バスに乗った時に、下車する小学3年位の男子が「ありがとうございました」
と大きな声で運転手に言って降りた。その後の運転手の社内アナウンスが心なしか
弾んでいたように思う。こんな乗客だけならばバスの運転手になって良かったなあと
思うのではあるまいか?その反対に、こんな酷い乗客も居るんだなあと思った新聞
投書を思い出した。”車椅子の乗客をバスから降ろす為に、運転手が降車口で手
助けをしていたら、ある親父が「早く発車させろ!」と怒鳴ったという。運転手は親父
に謝りながら汗だくで降りるのを手伝っていた”という内容で、こういう話は悲しい。

良い運転手ばかりではない。私が経験した運転手だが、終点の駅に着いたら乗客
が忘れ物をしたらしく、座席に有名な団子屋の包みがあり、見つけた乗客が運転手
に渡して降りた。ところがこの運転手「こんな物!」と言って私の目の前で降車口か
ら道路に放り投げた。忘れた客が戻って来たら彼はどうする積もりだったのだろう。
少なくとも駅のバス営業所に届けるのが責務だと思うのだが。バスの運転席の上
に名前が書いてあったので、本社に電話して苦情を言おうと思ったがやめた。



別の酷い運転手の話しだが、降りますのブザーが鳴ったので、バス亭で停車した。
ところが誰も降りなかったので「押した奴、責任を持って降りろ!」と叫んだ。もう、
ヤクザに近い。間違って押した人も「御免なさい。間違えました」と言うべきではあろ
うが、それにしても運転手の態度が酷すぎる。舌打ちして渋々発車したが、運転手
が怖くてバスに乗れなくなる老人が増えるのではなかろうか?と思った程だった。

タモリが昔TVで話したのを思いだした。”ヤクザらしき男がバスに乗り込んで来た。
バスは結構混んでいて、乗客は出来るだけヤクザと目が合わないようにしている。
ヤクザは目的のバス停に近付いたので近くの降車ボタンを押した。だが壊れている
のか反応が無い。ヤクザが凄い勢いで運転手に駆け寄ったので、観ていた乗客の
大半は、運転手が殴られる、と思った。だがヤクザは運転手の耳元で「ピンポ~ン」
と言って、バスから降りて行った”。考えて見れば、電車の運転手は乗客と会話する
事も無い、それに引き換えバスの運転手は身の危険すらある。人気が無い訳だ。



nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バイクも車も音が勝負かな? [乗り物]

車を運転していて前を歩く人や自転車が背後から自動車が近付いて来たから避けてく
れるだろうと思っていると、何か様子が変で一向に避けようとしない。そういう時「スマフ
ォで音楽を聴いているんだ」と推測すると大抵インナーフォンをしている。「危険な行為
だ」とも思うし「何も公道でまで音楽を聴かなくても」とも思うし「命が惜しくないんだな」と
も考えてしまう。それ程危険な行為なのに自覚が無く、その楽天的な性格が羨ましい。

電気自動車のエンジン音はどうなっているのか?と調べたら「ジェット機の音を小さくし
たような音であるため新たな騒音源となることが懸念される」とある。これはハイブリッド
車でも低速やバックで音がしないので問題になっているようだ。音が大き過ぎても、静
か過ぎても駄目なので悩ましい問題である。昔、ホイールにパチンコ玉のような物を入
れれば回転する度音が出て制作費も安上がりというアイデアが出たが、高速になると
滅茶苦茶うるさくなるので没になったとか。やはり、良い音は安易な方法では出ない。



昔自動車のドアを閉める音を研究していたメーカーがあった。もしかすると全メーカー
かも知れない。上手く表現出来ないが「バムッ!」という音だろうか?高級車に相応しい
重みがあるドアの閉まる音を求めているのだという。でも深夜にドアの閉まる音で眼を
覚まさせられるのだけは勘弁して欲しい。下手をするとドアやエンジン音だけで車種が
解ってしまうのではないのかな?と思う。ドア音はともかくもエンジン音に惹かれる人は
多いのではないか?と思う。私も自動車ではないがバイクのエンジン音には凄く憧れて
いた。御存知の方も多いと思うが「単気筒エンジン」の魅力は音にあり、スピードよりも
のんびりとツーリングにするのに向いてると思う。何しろ人間に心臓が一つしかないの
と同様シリンダー(エンジン)が一つしかないので愛着も湧く。今はどうかは知らないが
私がバイクに夢中だった30年前、ヤマハのフェザーというバイクがあり、音が良い表
現で言えば「風邪を切る羽の音」悪く言えば「甲高く安っぽい女性の悲鳴のような音」だ
ろうか?少なくとも私は好きでは無かった。私が乗っていたのはホンダのCBR250?
カフェレーサーの歌い文句に惹かれ購入したのだが、今のモデルと大分違うので定か
ではないけれども体力が無かったので400ccなど乗れなかっ、乗る気も無かったが。
それにしてもバイクは体重移動でカーブを曲がる所はスキーと一緒なので楽しかった。



記憶が定かで無く間違っていたら申し訳ないが、イタリアのドゥカティの単気筒だったと
思うが、25年位前田舎の兄の家に行ったら納屋に置いてあった。兄が買ったのかと思
ったらそうではなく、息子が買ったのだという。それで彼に「乗っているところを見せてく
れ」と頼んだら、革ジャンジーパンに着替え、まん丸のゴーグル眼鏡に鍋を逆さまにし
たようなヘルメットで現れた。エンジンをかけたら単気筒特有音がして彼の服装にマッ
チしていた。シートの裏側のバネが後ろから丸見え、シートの裏側を覗くと塗装のペン
キが垂れた跡まであり、溶接箇所はへたくそで正にイタリア製である事に間違いない。
国民性の違いなのだろう。ドイツ人はオイルが漏れるのを恥と思い、イタリア人はオイ
ルが漏れるのは当たり前だと思い、日本人はドイツ人以上にオイル漏れを嫌うのだ。
その息子は10年前に横浜で家庭を持ったので、もうとっくにバイクは不要だろうと思っ
ていたら、「売らないで置いておいてくれと頼まれたのでしょうがないが、税金車検代が
大変なんだよなあ」とぼやいていた。「代わりに私が乗ってあげよう」と言おうとしたが
足が地に着かないし、維持費に「音をあげてしまいそう」なので早々に諦めてしまった。


nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

満員電車に乗らなくてすむ方法 [乗り物]

最近のCMで夫婦と子供が電車に乗っていて、お母さんまで汗が匂うと子供に指摘さ
れる、確か洗剤のCMだったと思うが「多少の汗の匂いなど当たり前ではないか」と
思う。安い香水(失礼)より余程良い匂いで、CMが何だか病的な気がする。消費者
に不安感をあおって売りつけるようで、素直に良い製品である事を言えば良いのに。

今時、満員電車で匂いに悩まされる事はまず無いが不快な思いは日常茶飯事では
ないのかな?と思う。「頭突きして電車から降りた男児」というタイトルの新聞投書が
あった。”小学校高学年の男児が、夕方の帰宅時で混雑している電車から悪戦苦闘
しながら降りようとしてドアに向かっていた。彼の「すみません」の一言があれば手助
けするつもりだったが、彼は頭突きしながら大人の間を抜けていった。良く見ると大
人たちも誰一人周囲に声をかけることなくがむしゃらにドアに向かっている光景に異
様を感じ、男児を責める気も失せてしまった」この投書は神奈川県の75歳の男性。



私はもう現役をリタイアして満員電車に乗らなくても良くなったのだが、昔は乗らざる
を得なかった。所沢から中央線の国分寺駅までは私鉄の西武線なのでまだ良いが
国分寺から三鷹駅までは毎朝満員電車だった。ドアが開いても隙間がどころか「ドア
が閉まるのかな?」と思う位乗客がはみだす程、先程の男児ではないが頭突きまが
いに体をねじ込まねば乗れなかった。それでも「こりゃ無理だ!」と思う時は次の電
車を待った。東京駅に向かう上り線に比べて、下り線の車内はガラガラで吊革に掴
まっている乗客など数える程だった。今は八王子を中心に私立大学が移転したので
そこそこ混んでいるが、上り線に較べれば満員電車と言うには程遠い。勤め先を換
えるまで10年間満員電車の通勤が続いたのだが色んな事件があった。一つは車内
での喧嘩、「降りろ!」と大きな声がした。「おう!」という声と共に30代の男性が二
人電車が停車したのでホームに降りて殴りあいが始まった。私の下車駅だったので
そのまま見ていたら、お互いに格闘技の経験者らしく相打ちが2~3発続いた。暫く
して自分達を見ている乗客に気が付いて喧嘩を止めた。駅員が飛んできて「事務所
まで来て下さい」と言うと、二人は「いやもう仲直りしましたから」と返事したが「そちら
が済んでいても、こちらは済んでいません」多分電車を止めてしまったのであるから
始末書等を書かされたのだと思う。以前にも車内で喧嘩になりそうな口論があった
が、柔道の有段者らしき体格の良い青年が吊革に掴まりながら「止めないと俺が相
手になるぞ!」週刊誌を読みながら言い放つと、口論の二人は即だんまり状態に。



満員電車に痴漢は付き物らしいが私は大学生の時に痴漢に遭った事がある。貧乏
で床屋にも行けず髪の毛は肩まであった。朝の混雑時に京王線で新宿まで向かった
のだが、新宿駅直前で停止する事5分、車内がイライラして来たのが解る。その時
お尻を触られた。初めは「偶然かな?」と思ったが触り方が段々図々しくなって来た。
その内に手が前の方に移動しそうになったので、背後を振り返ったら50代のサラリ
ーマンが「ぎょ!」という顔をした。私は顔に無精ヒゲをはやしていたのだから無理も
ない。直ぐに電車が動きだしたので、私も何事も無かったかのような顔をしていたが
周囲も私が騒がなければ気が付かないだろうと思う。それにしても「痴漢に遭った女
性はさぞ不愉快だろうな」と感じた。それ以来、私も痴漢を止めた。(勿論、冗談!)

最近はスマフォで大音量で音楽を聴いている人が多いのではなかろうか?昔、ある
老人が大音量の若者に腹を立てて何も言わずに殴ったのだが、殴られた若者も何も
なかったような顔をしていた。なので「降ります」「すみません」などと叫んでも無駄な
のではなかろうか?もうぎゅうぎゅうでこれ以上無理だ、という満員状態に浮浪者が
乗って来たら彼の周りに50センチの隙間が出来た。満員電車に乗らずに済む方法。


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高齢者マークを貼ろうかな。 [乗り物]

今日の朝刊”ダム湖に車転落、5人死亡”の記事があった。亡くなられた方の年齢
を見ると50代3人と60代2人で、意識不明者が20代1人。ブレーキ跡が無い
事、バーベキューをした後だという事、なので事故の原因はおおよそ見当がつく。
20代が運転していたならば、スピードの出し過ぎが考えられるし、5~60代
ならばアクセルとブレーキの踏み間違い。どちらにしても飲酒運転の疑いもある。

建物に自動車が突っ込んだなどという事故を聞くと、運転手の年齢が気になる。
大抵は65歳以上の高齢者が多く、アクセルとブレーキの踏み間違いが原因だ。



平成24年の1年間に交通事故で亡くなった方は約4,400人で、そのうち、
65歳以上が約半数の割合を占めている。交通事故による死亡者は年々減って
いるが、65歳以上の高齢者が占める割合は逆に段々高くなっているのだ。
死亡事故の原因だが歩行者が49%、車やバイクに乗っていてが35%。

横断歩道を渡ろうとする老人には二通りいて、急いで渡りたい人と、体力が無い
のでユックリ渡りたい人だ。後者の老人には停車されるのは有り難迷惑だろう。
私も、停車しても早く通り過ぎるように手で促された経験が何度もあった。
体力が無いのに急いで渡りたい人には困る。停車して渡り切るのを待っていると
右から渡り始めて8割位渡ったところで、渡り切ったつもりになり休んでしまう。
このタイプはお婆さんに多い。停車して貰ったので早く渡ってしまおうと早足に、
途中で体力が尽きてしまう。たかが5~10秒程度待たされても平気なのだが。
歩行者の事故が多いのはこんな所にも原因があるのではないだろうか?



私は63歳だが、時々自分の運転が怪しい事に気が付く。信号の見落としは無いが
思い込みが激しく想像力がない。慌てて右折した時など歩行者の確認を忘れてる。
まだアクセルとブレーキを踏み間違えた事はないが、段々自信が無くなっている。

アクセルとブレーキの踏み間違い、ハンドル操作の誤り”運転操作不適”という。
この原因の事故が15.8%で高齢者の事故原因の第一位なのもうなずける。

体が思うように動かなくなったら、ますます車が不可欠なのだから矛盾している。
自動運転の研究が盛んだが、私が生きている間に実用化して欲しいものだ。
被害者ならまだ良いが、加害者になってしまったらと思うと運転が怖くなる。

街で高齢者マークを付けて走っている車を良く見かけるようになった。
運転が危なっかしい車も、このマークがあれば納得し、なるべく近付かない。
このマークは付けなくても違反ではないが、70歳以上は付けた方が望ましい。
自分はそろそろ付けなければ、という自覚があるだけでもまだ大丈夫だと思う。

このマークだが、何も車だけに使うのは勿体ないと思いませんか?
綾小路きみまろのネタだが、このマークを付けた老人を周囲が優遇する規則だ。
自己申告制にして、自分はそろそろ危ないな、と悟ったら付ける事にする。
そうすれば、非常識や頓珍漢な行動も、周囲に暖かい目で見守ってもらえる。
実施されたら、私も最近頭が”運転操作不適”なので、体に2~3枚貼る積もり。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感