So-net無料ブログ作成

一字違いで大違い [社会]

私が一番印象に残っている一字違いは「NASDA」、今は「JAXA]と改組された日本の宇宙開発事業団の組織名だったのだが、初めて「ナスダ」と聞いた時には軽い虚脱感に襲われた。「NASA」のイメージが宇宙開発の最先端だとすれば、「NASDA」は練馬で農作業をしているお百姓さんのイメージになってしまう。たった「D」の一文字を入れただけで、こんなにも変わってしまうのか?と愕然としてしまった。NASDAはNational Space Development Agency of Japanの頭文字を取り、NASAはNational Aeronautics and Space Administrationからだ。日本のネーミングセンスの悪さがナサけない。その後のJAXAはJapan Aerospace eXploration Agencyで、ケチばかりつけて申し訳ないが、私には「弱者(じゃくしゃ)」と聞こえて仕方がない。
これなら前の「ナスダ」の方がまだ「ナスダ」(苦しい!)。


「ダイソー」を模倣した韓国の「ダサソー」に韓国の水源地裁は26日、約50万円の罰金を言い渡した。この「ダサソー」は日本だったら商標法違反で訴えられる事もないのではあるまいか?それ以前にお店の名前を「ダサソー」とはつけないだろう。ちなみに「ダイソー」は運営する大創産業の大創から来ているのだが、「ダサソー」は韓国の方言で「全部買って」という意味なのだそうだ。それにしても韓国のやる事はダサい。一字違いで大違いの典型は、戦時下の日本のスローガン「贅沢は敵だ」を「贅沢は素敵だ」と「素」を付け足した落書きで、戦争礼賛の言葉にたった一文字加えただけで、見事に「戦争反対!」になっているのが素敵だと思う。私が好きなのは「俺がやらねば、だれかやる!」


一字変えただけで和やかになる例もある。ある航空会社だが「本日はご搭乗頂きありがとう御座います」に、何度も搭乗している客からクレームがついたので「本日も..」に変えたそうだ。タクシーの運転手も、お客様が「渋谷までお願いします」と言った時に「渋谷ですか?」ではなく「渋谷ですね?」と確認するそうだ。「か?」だと「近いので行きたくないのか!」というクレームになる事があるとか。たった一文字変えるだけでこれだけの効果が生まれる。良く飲食店で注文している人の中に「俺もそれで良い」という言い方をする人がおいでになるが「俺もそれが良い」とでは作り手に対して天地程の差がある。


”勤めている会社の社長が社員を連れてドライブに行った時のことです。アジサイがきれいに咲いているのを見て、社長は「あの花は家内と一字違いだ。あれはアジサイ、家内は悪妻」と言いました。 友達が社長に 奥さんのことそんな風にいっていいのですか?と聞いたら社長は「いや家内の前ではそうは言わない。あれはアジサイ お前は愛妻」”。これはネットの「教えて!goo」からお借りした。

海にすむ 河豚がどうして 河なのか? [教育・生活]

私と同じようにブログを書いておいでの方の共通の悩みの一つに「どこまで難しい漢字を使うか」ではあるまいか?パソコンを使って記事を書かれている方がほとんどだと思うのでひらがなを漢字に変換するのは簡単で、変換漢字候補の一覧が意味まで表記されて出てくるので、選ぶだけで良い。問題は、この漢字を記事を読んで下さっている方が読めるのだろうか?という心配で、自分でも読めない漢字を使って記事を書くのはいささか気が引ける。出来れば、自分が書ける漢字だけを使って記事にしたいのだが、私の漢字力ではひらがなだらけになってしまう。この「ひらがな」も「平仮名」という漢字があるのだけれど、考えて見れば笑ってしまうし、ひらがなは「ひらがな」と表現したい。若者の漢字離れも気になるので、ひらがなを「平仮名」と書いても読み辛さが増すだけの効果しかない。もしかすると「へいかめい」などと読まれてしまい、私の伝えたい思いが伝わらない。そこまで若者を意識せずとも、私の記事など若者が読んで下さっているとは考えにくいし、漢字を使わなければどうしても伝わらない思いもあるので、適度に漢字を使わせて頂いている。


相変わらずネットからの引用で恐縮だが”河豚←正しく読める?「漢字が読めない」赤っ恥ストーリー3選”というタイトル記事が目にとまった。勿論「かわぶた」ではなくて「ふぐ」と読む。でも、この漢字は読めなくても「赤っ恥」ではないだろう。漢字からは読み方のヒントは何も無く、発音を知っているかどうかなのだから。中国では河に生息するふぐが親しまれていて、それが河豚の由来だそうだ。威嚇の為に「ぶーぶー」鳴くので豚に似ているのだが「海豚」という漢字はすでにイルカに使われてしまったのでこう表記している。さて、紹介されていた赤っ恥の一つ目は、和菓子屋で「ひつじかん下さい」と言った若いお母さん。品物には「羊かん」と書かれていたそうで、お店の親切心が裏目に出てしまったのだと思う。これが「羊羹」と書いてあれば、品物をみれば「ようかん」と読めたのではないかと思う。最初は子供に「ママ、何て読むの?」と尋ねられたそうだ。店員も商品を渡す時に、子供が間違って覚えるといけない事も考えて「ようかんです」と手渡したと言う。二つ目が、幼稚園の先生が「三匹の山羊」を「さんびきのやまひつじ」と間違えて絵本を園児達に読み聞かせたので、園児は「いっぴきめのやまひつじは...」とずっと読んでいたとか。三つ目は、ニュース番組で今年の恵方を「きたきたにし」と発言したアナウンサー、すぐに訂正したけれど彼女には一生残る傷になってしまったのだろうか?以上の話しはどれも若い女性なので、彼女らに育てられた子供の将来が心配ではあるが、こんな赤っ恥の一つや二つ、三つや四つ、五つ..もう止めるが、誰にでも経験がある筈。私など漢字の読み間違いどころか、勘違いや思い込みの赤っ恥も多く、長年人間をやって来た事もあり、自分を「歩く赤っ恥製造機」だと思っていて、最近は恥を恥とも思わなくなってしまった自分に呆れてもいる。


私の漢字の読み間違いで赤っ恥をかいたのが「居士」を「いし」と読んだ事。家内の実家がお寺で、帰省した時などたまに本堂を覗いたりするのだが、ある時新しい位牌がおいてあり、戒名が書いてあった。夕食の時「戒名の一番下のいしってどういう意味ですか?」と義母に尋ねたら「あれは、こじって読むんだよ。戒名の位で信士より上で大居士より下。女性の居士にあたる位が大姉なの」と教えてくれた。義兄と義姉の肩が少し震えていたような気がした。「いしと書いて何て読むんですか?」と聞けば恥もかかずに済んだのにと悔やんだが、後の祭りだった。易しい漢字でも、普段接していなければ正しく読めない、ましてや難しい漢字などお手上げに近い。「難漢字 感じで読んで 赤っ恥」


禁酒禁煙の居酒屋 入ります? [教育・生活]

厚生労働省は非喫煙者がたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」対策に関し、すべての居酒屋や焼き鳥屋は建物内を禁煙とする方向で最終調整に入った。家族連れや外国人客の利用に配慮し、小規模店舗の例外を認めない方針だ。政府は2020年東京五輪・パラリンピックに向け、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を今国会に提出する予定だ。飲食店内は原則禁煙(喫煙室は設置可)とする一方、客離れを懸念する飲食業界などからの反発を踏まえ、一部の小規模店舗は例外とすることを検討している。小規模店舗のうち、主に酒類を提供するバーやスナックは店頭に「喫煙可能」と表示することなどを条件に例外とする方向だ。食事もとれる居酒屋や焼き鳥屋の扱いが焦点となっているが、こうした店舗は子供を含めた家族連れや外国人客の利用が少なくなく、例外対象から外すべきだと判断した。


以上は「YOMIURI ONLINE」から引用させて頂いた。私はこの記事を読み終えて、「日本という国はお節介だなあ」とつくづく思う。居酒屋から煙草の煙が無くなってしまったら、何だか居酒屋らしくない。そもそも、大人がくつろげる場所として美味しい料理やお酒を提供するのが居酒屋の居酒屋たるゆえんで、そこで煙草が吸えるかどうか?はお店の経営者の判断に任せるべきだろう。その居酒屋の経営スタイルなのであるから、厚生労働省が口出すたぐいのものではあるまい。そして、禁煙にする理由が「食事もとれるので子供を含めた家族連れや外国人が利用するから」では説得力が無い。煙草の煙が嫌ならば、その居酒屋を選ばなければ良いのだ。禁煙の居酒屋だってあるのだから。それなのに、2020年のオリンピックに向けて、来店するかどうかもわからない客の為に、今まで喫煙OKだったのに禁煙にしろと強要するのは、間違いだし居酒屋にとっても死活問題だろう。何故、厚生労働省はこのような「お節介」を無理強いするのか?私には不思議で仕方が無い。近い将来、子供に酔っ払いを見せるのは良くないので、居酒屋でお酒を飲ませるのも禁止してしまうのではあるまいか?


「お酒は二十歳になってから、煙草も二十歳になってから」に始まり「バイクのヘルメット着用義務」「シートベルトの強要」「計量法により尺貫法を用いることを禁止」「男性は18歳、女性は16歳にならなければ婚姻をすることができない」等々で、日本の法律は、本来個人の判断に任せるべき事にまで「お節介」なのだ。様々な人が様々に働き生活をしている訳で、事情も又様々なのだ。例えばラーメン屋や蕎麦屋の出前でバイクに乗る場合でもヘルメット着用を強要する。郵便配達のバイクも又しかりで、真夏など見ていて気の毒になる。何故、着用の判断を個人に任せないのか?何故、例外を認めないのか?自分の身は自分で守るのが当たり前、なので余計な「お節介」など不要なのだ。そして、厚生労働省は2月14日、保育所に通う3歳以上の幼児に対し、国旗や国歌に親しむことを求める文言を初めて盛り込む保育所保育指針改定案を公表した。ここまで「お節介」な厚労省に呆れるし、もう「お節介」のレベルを超えて「危険」ですらある。「厚労省 国民愚弄で 功労賞」


先入観 先入感? [社会]

ネットで「IT速報」の記事に”コンビニに300円を持って170円のパンを買いに行きました。お釣りはいくら?理系「130円」文系「30円」”とあった。私は初め「何の事?130円に決まっているじゃないか」と決め付けてしまった。典型的?な理系である。しかし、この記事に対する色んな人の書き込みを読んだら、自分が「先入観に縛られている」事に気付く。私は単純に「300円-170円=130円」と考えてしまったのだが、170円のパンを買うのに300円出す人などおらず、200円出すだろう。なので正解は30円と思いきや、「0円では?」と言う人もいて、「何も300円が100円硬貨3枚とは限らない。全部10円硬貨なら17枚出せばお釣りは0円だ」という。この問題だけで人を理系か文系かを別けるのはいささか乱暴だとは思うけれども、一理あるような気はする。それでも「30円」と答えれば文系と決め付けるのも「先入観」ではあるまいか?


私は「朝日新聞」を購読しているのだが、最近発行部数が減っている。調べて見たら最近4年間で105万部減だという。新聞全体でも発行部数が減っており、2016年8月時点では前年同月に比べて読売新聞が約14万部、朝日が約33万部、毎日が20万部と朝日が他紙に比べてダントツで減っている。ところが、ある販売店主によると「新聞を購読している人は生活の一部になっているので、簡単には購読を中止しない」という。それなのに、何故発行部数が減っているのかというと、残紙の数が減ったからだ。残紙とは、販売店が配達先がないのに新聞社から引き受けるので残ってしまった新聞紙の事で、何故残ると解っていながら引き受けるのか?というと広告収入を得る為で、残紙を隠して折込広告を広告主に水増し請求が出来るし、それでも残紙の損害を相殺し切れない場合は新聞社から補助金が受け取れるからだ。私は発行部数が減っているのは「最近の若者の新聞離れ」だとばかり思っていたのだが、まさか「残紙」が大きな要因だとは想像もしなかった。これも私の「先入観」なのだろう。


「読売は右派・保守的」に対して「毎日・朝日は左派・反体制的」と良く言われるけれど、朝日新聞を読んでいると時々そう感じる事があり、特に社説などに良く表われている。私はそういう「先入感?」で記事を読んでいるので、全面的に賛成ではなく「そういう意見もあるな」程度にしている。そうしないと自分の考えが無くなってしまうからだ。それでも、注意深く記事を疑って読むのはなかなか難しい。今、話題になっている”財務省が国有地を地下にゴミがあるという理由で売却価格の一割で売った問題”だが、私の「先入観」では”政治家がからんでいなければ、こんな非常識な売却価格など在り得ない。ましてや安倍首相夫人の昭恵氏が名誉校長をしているのだから”である。安倍首相は民進党の福島伸享氏の質問に対して、「私や妻、事務所は一切関わっていない。もし関わっていれば首相も国会議員も辞める」と発言されたけれど、これも私に言わせて貰えば”簡単にばれるような表立った関わり方などする筈がないだろう”なのだ。私の「先入観」が間違っていれば良いのだが、これから何が出てくるか楽しみだ。「地下よりも ゴミが一杯の 財務省」


座右の迷? [教育・生活]

貴方は座右の銘をお持ちだろうか?私の座右の銘は「座右の銘を持とう!」と相変わらずへそ曲がりの冗談だが、私は座右の銘についてあまり深く考えた事などなかった。65年近く生きて来たのだが、「良い言葉だな」と思う事はあっても座右の銘、とまでは思わなかった。私が共感や感動を覚える言葉は年齢と共に変わってしまったので、これでは座右の銘とは言えまいと思うのだが、そんなに固く考える事もないかな?と考え直し、今までで「良い言葉だな」と思った名言を紹介させて頂く。


まずは「生きてるだけで丸もうけ」。明石家さんまの座右の銘にもなっている事でも有名だけれども、私が最初に聞いたのはNHKの朝ドラ「ちゅらさん」におばぁ役で出演された平良(たいら)とみさんが、ドラマの中で話された言葉だと思う。彼女は2015年に満87歳で亡くなられたが、私はこの言葉を思い出す度に彼女の姿も蘇る。元々は別府市の観光開発に尽力し、田園的な温泉保養地由布院の礎を築いた実業家で「別府亀の井ホテル」の創設者の油屋熊八氏の言葉だそうで、明石家さんまの師匠である笑福亭松之助が良く口にされていた言葉だった。明石家さんまの娘IMALU(いまる)という名前も「生きてるだけで丸もうけ」が由来として命名されているとか。それはともかく「ちゅらさん」は2001年に放送され、その当時の私は「ふ~ん」程度に聞き流していたのだが2011年に起きた「東日本大震災」で、東北の福島県出身の私はこの言葉の有り難味をつくづく思い知らされた。この言葉を座右の銘とされている方は大勢おいでになるのだろう。


次が「人生など、ボオドレエルの詩のわずか一行にもかなわない」で芥川龍之介の言葉だ。私も本当にそう思っている、というのは冗談で、他人から「貴方の座右の銘はなんですか?」と尋ねられて、こんなキザなセリフを堂々と言える筈もないし、相手にドン引きされるか大笑いされてしまうだろう。やっぱり「適当」「現状維持」「やる気のある者は去れ」あたりが私には似合っている。この座右の銘?はタモリからお借りした。もう私もとっくに人生のピークを過ぎたので、座右の銘もマラソン選手の谷川真理さんの「忍耐は苦しい けれどもその実は甘い」たぐいの「頑張れる」名言ではなくて「手抜きが出来る」名言の方に魅かれてしまい「明日は明日の風が吹く」ぐらいが丁度良い。さて、明日はどんな名言を座右の銘にしようかな?「もう聞き飽きた 名言格言 座右の銘」


プレミアムフライデー 保育園落ちた人は 何思う? [教育・生活]

”月末金曜の午後は「仕事をやめ、街へ出よう」、政府と経済界が、消費拡大への取り組みとして、月末金曜の午後、早期に退庁、退社することを促し、買い物や旅行などに充てる「プレミアムフライデー」が2月24日からスタートする。経団連などが立案し、政府と経済界がタッグを組むという異例の取り組みになる”と言うのだけれど、この案を採用できる会社が日本にどれだけあるのだろうか?そしてどの位の人がこの恩恵にあずかれるのだろうか?と思ってしまった。この発想のヒントは米国の「ブラックフライデー」にあり、これは消費喚起を狙って米国の感謝祭(11月第4木曜日)の翌日から、小売店が一斉に値下げをし、クリスマス商戦に向けたショッピングシーズンがスタートとなる「黒字の金曜日」と称された流通イベントだ。同じ様な発想で韓国でも昨年、消費低迷の打開策として韓国版ブラックフライデー「コリアグランドセール」に取り組んだ。大手百貨店などが中心となり、秋季セールの実施時期を前倒し、中国の大型連休、「国慶節」にあわせて、10月1日から2週間実施された。参加店の売上高は前年同期比2割増と、一時的な消費活性化にはつながった。ただし、元の値段を高く表示するなど、怪しげな価格設定が横行し、消費者は不信感を募らせた。いかにも韓国らしい商法だと思う。日本のプレミアムフライデーが米国や韓国と違うのは値引きセールで物にだけお金を使うのでははなく、ワンランク上の消費行動、例えば旅行とかレジャーにもお金を使って貰いたいのだという。私はプレミアムフライデーで喜ぶのは、自宅から一流企業に通う独身女性ぐらいしかいないのではなかろうか?と思う。


味の素本社では毎週水曜日は午後6時強制退社で、他の曜日でも午後8時には電気が消える。社員食堂では毎朝モーニングサービスが振舞われ、パンとコーヒー、バナナが無料で、利用している人は1000人中150人。今年4月からは、一日の所定労働時間を20分短くして7時間15分にし、月一万四千円ベースアップする。2015年の日本の企業数は412万社で99.7%が中小企業だ。そのうち小企業は87%で360万社。大企業など12000社しかない。勿論、中小企業の中にもプレミアムフライデーを採用したり、所定労働時間を減らそうとしている企業はあるのだろうけれども、大部分の人が中小企業で必死に働いている今の日本の現状では「何、寝言を言ってるの?」と思われる人が大多数だろう。


新聞に「保育園落ちた 働きたいが..」のタイトルで埼玉県34歳の女性からの投書があった。”時給500円でもいい。娘を背負って働く事が許されるなら。騒がしく動き回る子供が傍らにいても許されるなら。仕事の合間に授乳とオムツ替えを許されるなら。時給500円X一日3時間X週3回で月一万八千円になる。それだけあれば家計は助かる。あるのとないのでは全然違う。そういうふうに切実な思いでいる母親は、私だけではない筈だ”とあった。以前、ネットで「保育園落ちた日本死ね!!!」の発言が話題になったけれど、幼児を持つ母親にとっては死活問題なのだ。政府は国民が幸せに暮らせるように、様々な手を打っているのだろうが、プレミアムフライデーなど保育園に落ちた母親には鼻で笑われてしまう構想でしかない。それにしても、何故忙しい月末を選んだのだろうか?月末に拘らなくても良いのかも知れないが、会社によってバラバラでは効果も薄れる。昔流行したピースマークをパクった公式ロゴマークもダサいので併せて再考すべきだと思う。「プレミアム? 俺達そんなの かんけえねえ!」


東京水が うらやますい [料理]

「おいしくなった水道水」というタイトルの新聞記事が目にとまった。「そんな筈がある訳ないだろう」と思い、記事を良く読んでみると「東京水」の話しだった。東京都水道局は2015年に「呑み比べキャンペーン」を117回実施し、5万2271人が参加してペットボトルに入った市販のミネラルウォーターより「水道水の方がおいしい」と答えた人が約39%、「どちらもおいしい」と答えた人が17%なので、半数以上の人が水道水の方がおいしいと答えたことになる。こんな結果が出たのは、東京都水道局が20年以上かけて利根川・荒川水系から取水する5つの浄水施設すべてに、活性炭の吸着やオゾン分解でより多くの物質を取り除く「高度浄水処理」を整備したからだ。それでもミネラルウォーターの消費は伸びる一方で、一度ついた「まずい、カルキ臭い」イメージはそう簡単には消えない。勿論、ミネラルウォーターの消費が伸びているのは水道水の代わりだけではなく、災害対策品としての重要性の再認識のほかにも、健康やダイエットへの関心の高まりなども関係しているのだろう。それにしても東京水を飲める都民が羨ましい。


私が住んでいるのは埼玉県所沢市で、浄水器は必需品だ。私が使っているのは蛇口に直接付けるのではなく、別置き型で活性炭を利用して濾過するタイプで、2年に一度濾過器のカートリッジとボタン電池を交換する。レンタルになっていて15年近く使っているので特典があり月の支払い額は1382円。スーパーでミネラルウォーターを買う手間を考えれば、安いなあと思う。この浄水器は蛇口に原水と活水の切り替えレバーがあるので、瞬時に浄水器を通す前と後の水を比べられるのだが臭いが全然違う。少なくとも、原水でコーヒーを入れようとか、お米を研いで炊こうとは思わない。原水を使うのは食器を洗う時ぐらいだろうか?以前は家内の要望で、お風呂場の蛇口にも直接付ける浄水器を使っていた。そうしないとお風呂場がカルキ臭くなってしまい、折角のリラックスタイムが台無しになってしまうからだ。けれども、その製品は熱湯には弱かったらしく、すぐに壊れてしまい、別な製品に換えてみたのだが結果はあまり変わらず、結局お風呂場の蛇口に付けるのは諦めた。それ程、所沢の水は臭いと思う。娘はさいたま市に住んでいるのだが、やはり「臭い」といって浄水器を付けている。


「日本人は水と安全はタダと思っている」と『日本人とユダヤ人』 を書いた山本七平氏がその著書で言っているのだが、確かに蛇口から飲料水が出てくる国はアイスランドやフィンランドなど数える程しかないそうだ。日本の喫茶店やレストランでは頼まなくても勝手にお冷が出てくるが、他の国では水も有料で、スペインではオレンジジュースと水の値段が同じぐらいなのだそうだ。私は自動販売機で天然水が他の飲料水と同じ値段で売られているのに違和感があったが、違和感を感じる私がおかしいのだろう。おいしい水はタダでは手に入らないという事なのだ。近所にたまに行くラーメン屋があり、お冷はセルフサービスだ。ある時目の前のポットの水を飲んだら「まずい」。従業員の誰かが水道水をそのままポットに入れてしまったのだろう。「タダだから」という言い訳は通用しまいし、食べ物屋として失格だと思う。私はこういう処がいい加減なお店は嫌いなので、行かなくなってしまった。「その店の レベルが解ります お冷でも」。


星座に 正座で 土下座する [教育・生活]

ネットでニュース記事を見ていたら”12星座 口癖 あるある 乙女座は「本当?」”というタイトルが目にとまった。血液型が4種類に対し星座は12種類なので、血液型で性格を判断するよりも星座で判断した方がより多様性が生まれるのだろう。それにしても、占いなど信じない私には星座占いなどどうでも良いのだが、口癖が気になった。朝のTV番組でも「今日の星座占い」などをやっているのを見かける事があるけれど、TV局によって運勢が良い星座が違うのはどういう訳なのだろうか?観る人は自分に一番都合の良いTV局の星占いを信じるしかあるまい。「禍福はあざなえる縄のごとし」ということわざが示すように、今日の運勢が良ければ、明日は良くないし、逆もまたしかりである。結局、どの星座の運勢が良いのかは一年を平均すれば似たり寄ったりになるのだろう。それでも、特に女性は何かにすがらないと決断出来ない時もあるのだろうし、毎日の生活を楽しくする上でも星占いはそれなりの効果があるのだろう。


さて、肝心の口癖だが、以下に紹介する。どういう性格の人かは私が短くまとめた。
*牡羊座:「早くして!」せっかちな人。
*牡牛座:「なるほどね」主体性がない人。
*双子座:「何それ?」やじ馬。
*蟹 座:「あなたの為を思って...」うざい人。
*獅子座:「超~」「激~」喜怒哀楽が激しい人。
*乙女座:「本当?」疑い深い人。
*天秤座:「常識で考えれば...」説教くさい人。
*蠍 座:「一応」本音を言わない人。
*射手座:「とりあえず~」愚図な人。
*山羊座:「つまり」理屈っぽい人。
*水瓶座:「でも...」あまのじゃく。
*魚 座:「かわいい!」単純な人。


私は9月19日生まれなので乙女座だ。だから口癖は「本当?」になるけれど「当たっているなあ」と思う。冒頭に「私は星占いなど信用しない」と述べたが、ピタリと性格を言い当てられてしまった。こうなれば、私も星座占いによる口癖を信用せざるを得ないのだが、結果を「本当?」と思ってしまいあまり信用していない。それにしても、どの星座も性格があまり良くない。私が意図的に性格を悪くかいた星座もあるけれど、自分の星座が嫌になってしまう方が多いのではなかろうか?でも世の中にはこういう性格の人で溢れているので、星座占いも出鱈目などではなく、誕生日と何らかの因果関係があるのだろう。全ての星座の性格を持ちあわせている私は「本当に自分は乙女座で良いのか?」と心配になって来た。「言われれば そんな気もする 星占い」。


スマホ育児じゃ いくじなし? [教育・生活]

数日前の新聞記事に「幼児にスマホ 心配しつつ」のタイトルで”親が手を離せない時などに乳幼児にスマートフォンで遊ばせる「スマホ育児」が広まっており、多くの保護者が子供の視力などへの悪影響を心配させて使わせていることが解った。眼科医は長時間の利用は避けるよう呼びかけているという。「目が悪くなる、視力発達への悪影響」を心配している人は59%、「不適切な情報や画像に触れる」が30%、「将来、長時間利用傾向や依存」が29%、で9割以上の人が何らかの不安を抱えていた。そして医師のアドバイスでは「スマホは連続して15分、テレビは30分を目安に」”だった。「もっと心配しなければならない事が抜けているんだよなあ」と私はこの記事を読みながら感じた。「親が手を離せない時」だけの理由ならば良いけれど、「育児に手抜きをしたい時」にも使われているのならば、幼児がかわいそうになってしまう。目を心配する気持ちも解るけれど、心をもっと心配すべきでは?と私は今時の若いお母さんを見ているとそういう気持ちになってしまう。


娘が27歳で孫が2歳位だった頃だろうか?早朝に娘のスマホから電話がかかって来た。「こんなに朝早く何の用だろう?」と思いながら、私も布団の中に居ながら電話に出ると「もしもし」とか「お父さん?」とかの声が最初に聞こえる筈なのに無言状態が続く。そして遠くで物音がして、孫が言葉にもならない声で何か喋っていた。すぐに孫がスマホをいたずらして、電話がかかって来てしまったのだと解った。娘に「孫がスマホをいたずらしているよ」と知らせてやりたいのだが、唯一の連絡手段のスマホが役に立たない。娘も育児疲れで熟睡しているのだろうから、大声で電話口で怒鳴っても気付かないだろうなと思い電話を切った。数時間後に娘に電話をし、その事を話すと「そうなのよ。お父さんばかりじゃなくて、他の人にも迷惑かけている見たい」という。「スマホにロックをかけてパスワードを入れないと使えないようにしているんだけれど、外してしまうのよ。見ていないようで見ているのね」とも言っていた。


娘が車で外出する時は孫を後部差席のチャイルドシートに載せスマホで動画が観られるように渡しておく。そうしないと騒ぐので運転に集中出来ないそうだ。娘の行動を見ていると、車の中に限らず外出中に愚図ったりレストランで騒いでしまう時などにも渡していた。家の中でも、家事を早く済ませてしまいたい時などもスマホを渡していると言う。渡された孫の扱い方は乱暴で、癇癪を起こすと床にスマホを叩きつける事もあり、スマホの画面にヒビが入ってしまい、壊されたくないので幼児用のスマホもどきを買い与えていた時もあった。私は娘のスマホ育児を否定しないし、精一杯頑張っていると思う。要はスマホが悪いのではなくて、使い方の問題なのだ。スマホの動画を通じて会話があれば立派な育児に繋がる。これはスマホに限った事ではなくて、例えばゲーム機でも一人で遊ばせておいて時間が経てば取り上げてしまうのではなくて、一緒に遊んであげれば、子供は大喜びだし結果コミュニケーション等の能力向上にもなる。子供など親を相手にしてくれるのは小学生までで、それ以上は友達と遊んでいた方が楽しいし、そう育つべきなのだ。子供が親の遊び相手をしてくれる期間などあっといいうまに過ぎさってしまうので、その貴重な時間をスマホなどに任せておいては勿体無い。孫は今5歳になったが、スマホになど見向きもしない。何故なら、彼は他に面白い事を一杯見つけたからだ。「孫叱る 娘はもっと ひどかった」。娘がこのブログを読まない事を祈る。


今年も 来ちゃった 確定深刻 [経済]

確定申告の受付が始まっている。”e-TAX”を忘れかけていたので久々に見てみたら、Windows10のEdgeは使えず、IE11を使えと言う。相変わらず官製のソフトだなと感心さえしてしまう。そういえば、昨年の今頃も確定申告の記事を書いたのを思い出したので、記事の原稿を読み返して見たら、そのまま今年も通用しそうな内容だったので、長いけれど引用させて頂く事にする。決して手抜きではない。(来年もこの記事使おうかな?)


毎年この時期になると気が滅入る。確定申告をしなければならないからだ。前々から準備をしておけば良いのだろうが、領収書の整理など3月に入ってからだ。私は自営業なのだが青色申告では無い。それでも申告するのが結構厄介で一苦労する。インターネットの”e-TAX”を利用して確定申告をするのだけれど、解りづらい。もうネットでの確定申告は5回目になるのだが、前年のメモを見ないと無理だ。息子も3年前、私の不要じゃなかった扶養家族から外して確定申告をする事にした。3年前の4月頃、確定申告期間が終わっていたので直接税務署に二人で行く事にした。息子の源泉徴収書を見るとハンコが無かった。会社に頼んでハンコのあるものを貰って来るように言ったら、作り直したらしく支払額、所得税が違っていた。息子の会社は大丈夫なのだろうか?所得税を会社がネコババしてるとは思いたくない。署員に源泉徴収書を見せ、申告して貰った。必要経費は65万で良いという。えっ?何かの間違いではとも思ったが、プロが言うのだから間違いは無いだろう。息子の確定申告も私がする。源泉徴収書の給与支払額と所得税が解れば良いので簡単。今年歯の治療の医療控除と基礎控除の38万円で所得税はかなり安くなり返還される。必要経費が65万円?青色申告でないと駄目では?と思いつつ昨年も今年も提出した。不安だが署員に申告して貰った年の確定申告を基にしているので間違いないだろう。息子の確定申告が終り、次は私の番なのだがいきなりつまずいた。パスワードが違う。パスワード、別名暗証番号とも言うけれどまさに暗礁番号で先に進まない。何度か打ち直したがその日の入力回数を超えてしまった。メモ通りなんだけどなと思いつつ、仕方が無いので暗証番号変更申請書を税務署に提出した。大袈裟だよな。提出した直後にメモが古い事に気が付いた。多分、毎年同じパスワードは危ないので変更しなさい、との指示があり変更したのだと思う。1年に数度しか使わないのに、でも自分の管理ミスなので深く反省。一度思い込むと変えられない性格が又出た。そして今日無事確定申告を済ませる事が出来た。少し所得税も戻って来るので嬉しい。この記事を書いていて、しんこくが深刻に変換されてしまう。私のパソコンだけか?


さて、今年も”e-TAX”で申告しようとして、とりあえずやり方を思い出そうとしたのだが、住基カードでつまづいた。何とカードリーダーがWindows10に対応していない事が解った。そういえば、昨年はまだWindows7のパソコンだった事を思い出した。仕方が無いのでアマゾンで急遽購入したのだが、間違って”非接触ICカードリーダー”を買ってしまった。届いた品物を見て、カードの挿入口が見あたらないので変だな?とは思ったのだが、今まで使っていたカードリーダーをよくよく見ると”接触式”と書いてある。仕方が無いので又アマゾンで注文したけれど、6千円の出費になってしまった。”e-TAX”の自宅利用率は2015年時点で8%と低い。住基カードかマイナンバーカードと3千円程度のカードリーダーが必要で、その上ソフトの解り憎さと使いづらさを考えれば、印刷して郵送または税務署に持ち込んだ方が安上がりで手っ取り早いとお考えの方が多いのだろう。「所得税 払えるほどの 所得なし」