So-net無料ブログ作成

新聞の人生相談は役に立つのだろうか? [夫婦]

朝日新聞にも、毎日新聞にも人生相談のコーナーが有り、時々参考(?)の為に読ませて頂いている。朝日新聞の土曜日には「be」という別刷紙に「悩みのるつぼ」というタイトルで人生相談の記事があり、回答者は4~5人おいでになるのだが、美輪明宏の回答が秀逸で特に楽しみ(不謹慎で御免)にしている。私が何故、美輪明宏が好きなのかというと回答が相談者に歯に衣着せずに明快なのだ。多分だが、ほとんどの相談者は自分がどうすれば良いかを知っていて、その踏ん切りがつかないので相談という名を借りて、自分の気持ちを文章にして整理しているように思える(中にはそうでもない人もおいでになるけれど)。ネットで典型的な相談者と美輪明宏の回答を見つけたので紹介させて頂く。


50代の女性が「年下の男性を好きになりました」の相談で”夫とは結婚25年、子供がいます。いい年をして、職場の男性を好きになってしまいました。彼は30代、結婚しています。平凡だった毎日は、彼のおかげでとても楽しくなりました。彼の人となりを折に触れ感じることで、恋に変わってしまいました。もちろん相手は私の気持ちを知りませんし、今後も伝えるつもりはありません。若い頃の片思いと違うのは、なにも希望がないということです。今日は話せた、話せなかったで一喜一憂し、他の女性と話しているのを見ただけで心が泡立ちます。また彼に少しでも若く見られたいと美容やダイエットに励み、おしゃれをする。それが楽しみになっているのも、もう一人の私です。(中略)美輪さん、私は恋をしていていいのでしょうか?”これに対する回答が”50歳を過ぎて、まだ子どもの寝言のようなことを言って、恥ずかしくないんですか? まったくあきらめが悪い。人間は年齢に応じた自覚が必要なのに、相談者にはそれがまるでないようです。こういう人が最近では少なくありません。まずは身の程を知ることです。ばあさんになったという覚悟を決めて、そんな自分の身の処し方と向き合うことが必要です。相手の男性からすれば、まったくいい迷惑でしょう。いい年をして、ただの気味が悪いオバサンでしかない。それに相手は既婚者です。他人の持ち物です。不心得も甚だしい”。正論である。


毎日新聞にも「人生相談」というコーナーがあり、私が好きな回答者は高橋源一郎。彼の回答には、美輪明宏には無い優しさがある。先日の相談は「主人が好きではありません」で40歳の女性の相談だった。”結婚して10年、2人の子供に恵まれましたが、主人が好きではない。同じ職場の年下の男性が好きになったが、男性と二人で食事は不倫なのか?主人の臭い靴下を一生洗い続けると思うと死にたくなる”。この回答が”選択に正解なんてない。何十年間かの後、後悔しないと思える選択とは何かに答えられるのは、実は相談者だけなのです”だった。一見相談者を突き放しているようだが、そもそも相談になっていないので、回答者もこう答えるしかあるまい。私は、相談者も「そんな事は解っている!だから相談しているんじゃないの!」と回答を読んで逆切れしなければ良いが、と想像しながら楽しく(?)人生相談を読ませて頂いている。所詮、女性の新聞の人生相談など相談者のガス抜きではあるまいか?それにしても相談者の夫が気の毒でならない(これが一番言いたかった)。「ゴミの日と 丸つけられた 誕生日」(ネット借用)


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント