So-net無料ブログ作成

バイオリン1億円相当を破壊したのは「あなたの妻」 [社会]

”別居中の夫のバイオリン54丁と弓70本を壊したとして、愛知県警は25日、東京都江東区亀戸6丁目、中国籍の自営業河宮碧(みどり)容疑者(34)を住居侵入と器物損壊の疑いで逮捕し、発表した。器物損壊容疑は否認しているという。被害者が申告した被害額は計1億590万円にのぼる。中村署によると、河宮容疑者は2014年1月30日~2月19日、別居中だった名古屋市中村区に住むノルウェー国籍の夫(62)=その後離婚=の自宅兼工房に窓ガラスを割って侵入。バイオリンと弓を壊した疑いがある。被害品は夫が収集したり自作したりしたもので、イタリア製のバイオリン(5千万円)やフランス製の弓(150万円)もあった。穴があいたり、傷がついたりしたという。2人は昨年離婚。河宮容疑者は事件後に日本を出国し、国内外を行き来していたという。”「朝日新聞デジタルから引用」


一昨日の夜、TBSニュースでこの事件を知った。TV画面に映されたおびただしい数の破壊されたバイオリン、ビオラ、弓、ギター等が床一面に散乱しており、グランドピアノの鍵盤や弦にはコーラのような飲料水がぶちまけてある。そして、白い壁には太い黒マジックで「子供と一緒にあそびに来ました。あなたの妻より」「警察さん、夫の家にあそびに来ました。泥棒ではありません。妻より」の落書きがあった。下手なお化け屋敷より余程ホラー的である。元夫への仕返しのやり方があまりにも陰湿女性的で、犯行に及んでいる姿を想像しただけでも怖い。これでは楽器も音を上げる暇も無かっただろう。趣味が音楽の私としては、只々楽器が可哀そうでならない。楽器には何の罪もあるまいし、元夫がもっとも嫌がる事ならば、楽器の価値などどうでも良いのだろう。帰宅した元夫が嘆き悲しむ様子を想像しながら、片っ端から壊していったエネルギーに思わず圧倒されてしまう。


昔、家内の親戚の叔母さんが「夫婦喧嘩した後、気が収まらない時は旦那の趣味の盆栽の枝をハサミで切って憂さを晴らすの」とお茶を飲みながら、笑顔で話してくれた事があったけれど、温厚な叔母でもそういう事をやるんだなあ、とつくづく感心すると同時に怖くなってしまった。家内の親戚だと言うことは、家内にもそういった血が流れているのだと思うと、夫婦喧嘩をするのが怖くなり、あまり出来なくなった。それにしても、「夫婦は所詮赤の他人」とは良く言ったもので、夫婦仲がこじれると悲惨な争いに発展する例が後を絶たず、今話題の松居一代氏と船越英一郎氏が良い例なのかも知れない。TVで盛んに取り上げているが、私は興味が無いので詳細はほとんど知らないし、他に取り上げるべき問題が一杯あるだろうに、と腹立たしくてTVを消してしまう。話を元に戻せば「夫婦は所詮赤の他人」の真の意味とは「元々他人だからこそ、お互いに理解する努力がなければ夫婦は長く続かない。他人に戻る方が容易なのだから」ではなかろうか?「喧嘩して 兵糧攻めに すぐ降参」


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 17

コメント 2

リス太郎

ラストの川柳で笑ってしまいました。(笑)
身につまされます。(笑)
by リス太郎 (2017-07-28 06:12) 

tonnura0919

所詮、男などB29爆撃機を竹槍で落とせると考えている愚かな生き物ではないでしょうか?
by tonnura0919 (2017-07-28 18:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0