So-net無料ブログ作成

「安倍首相批判が多すぎる」の投書に思う [政治]

昨日のNHKの国会中継「衆議院予算会質疑」を楽しみにしていたのだが、観ていて「安倍首相の丁寧な説明」とは程遠い説明でしか無かったように思う。冒頭の自民党の小野寺五典氏や次の公明党の上田勇氏の質疑など、筋書き通りの内容で退屈しながら観ていた。あまりにも退屈なので、新聞を読み返していたのだが、ある投書が気になって再度読み返してみて、やはり引っかかる物がある。私は投書を読む時に一番気になるのがどういう職業で何歳の方が、どうしてそうお考えになるのか?である。勿論、性別もお住まいも気になる。投書される方は「自分の意見が全て正しいとは思わないが、全てが間違ってはいまい。きっと共感して下さる方も大勢おいでになる筈」とお考えなのだと思う。それも、実名で新聞に投書される位なので、私のようなハンドルネームでの短絡的な思いつきの意見とは違い、かなりの覚悟をお持ちなのだろう。なので、自分とは違う意見も素直に聞く耳が欲しいのだが、、歳を重ねれば重ねる程、なかなかそれが難しくなる。それでも「そういう考えもある」という事を知る事で、少しは自分も変われるのだと思う。


その投稿のタイトルが「安倍首相批判が多すぎる」で元小学校教員の65歳の女性で、島根県江津市にお住まいだ。引用させて頂くと”「隣国は世論で法が動く国」と仲畑流万能川柳にあった。昨今の日本もそのような国になっている気がする。本紙の記事も反政府的な意見を多数取り上げ、クロスワードパズルの回答までも反安倍晋三首相に関するものがこれでもかと。読者の中には私のように「がんばれ安倍さん」「平和な日本でありがとう」と思っている者もいることをわきまえてほしい。東京都議選で「負けた」が「惨敗」になり、それをまた「歴史的惨敗」として批判ばかり。支持率が下がれば、下がった下がったとまた報道をしている。政策で負けたわけではないだろう。そもそも選挙活動中のヤジは選挙妨害ではないのか? 安倍首相の街頭演説会場に横断幕を掲げ「帰れ!」「やめろ!」と叫ぶ品性のない人への首相の対応をことあれかしと報道するメディア。ヤジを言った人に責任はないのか。国民はしっかりと足を地に着け、メディアも報道には公正を期してほしい。”


投書内容に共感する部分もあるが、私が気になったのは「政策で負けたわけではないだろう」で、都議選で負けたのは「森友学園や加計学園問題がうやむやである事、共謀罪を卑劣な方法で成立させてしまった事、稲田防衛相の更迭を行わない事、自民党2回生議員の問題の放置、等々」で安倍総理が行っている事はすべて政策なのだ。だから「都議選の惨敗は安倍政権の政策のまずさに国民が怒った結果」なのだと思う。彼女の言うように「安倍政権のおかげで平和な日本がある」のは間違いないのだが「沖縄の基地問題はどう解決するのか?」が棚上げになっている。国民は「政策よりも安倍総理の不誠実さ」に怒っているのではあるまいか?そして、その不満に対して国民を愚弄するような説明態度である事に対しても怒っているのである。その説明責任を果たしもせず、国民の怒りの大きさにも気付かずに街頭演説に立てば、「こんな人たち」にヤジを浴びせられても仕方があるまい。私はこういった「安倍政権を支持する」投書は、最近読んだ事が無かった。新聞社も「反対意見」ばかりではあんまりなので、たまには「賛成意見」も載せたのだろうか?それとも、たった一通の貴重な投書だったのだろうか?どちらにしても彼女の言うように、メディアは両方の意見を載せるべきである。「記憶にない? そんな歳には 見えないが」


nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 14

コメント 3

リス太郎

正直言って賛同しかねるご意見なのですが、鋭いのでナイスです。
そういうお前(私)はどう考えるのか?と問われるでしょうが、それは私のブログを俯瞰してください。いま申し上げてもいいのですが、もうかなり眠いのと、酔ってますため。基本的な部分で同意見です。
ただし。はっきり申し上げておきます。安倍自民党は百害あって一利なし。亡国の一途をたどる悪政なり。自民党と公明党と新進党と日本維新の会をぶっ潰せ!
by リス太郎 (2017-07-26 00:40) 

tonnura0919

私が申し上げたかったのは、安倍政権の支持率がいくら下がろうとも、支持されている方も沢山おいでなのだ、という現実があるという事も考えなければならないし、それはメディアに限らず、自分自身にも常に問いかける必要があるのではないか?という事です。拙い文章なので、真意が上手く伝わらなくて申し訳ありません。
by tonnura0919 (2017-07-26 18:37) 

リス太郎

いや。伝わってますよ。私もそこは歯がゆい部分でもあり、所詮、この世はそうゆうものかという諦観もあります。また、極端なアンチ安倍晋三にも批判的というねじ曲がった精神構造の持ち主でもあります。だから「が、しかし…」なわけであり、私が伝えたかったのはその部分であり、拙いのは私のコメントです。
って、このコメントもかなり拙いな。ちゃんと表現しようと思うと400字詰め原稿用紙が100枚はいります。(笑)
by リス太郎 (2017-07-27 05:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0