So-net無料ブログ作成

回転していない回転ずし店 魚べい [料理]

月に一度位は回転ずしが食べたくなって回転ずし店に行くのだが、私が行く店は”魚べい”という名前で、この店の売りは寿司が回転レーンに載っているのではなく、タブレットで注文した品が高速レーンで運ばれて来るようになっている。なので、握ってからかなり時間が経った寿司を食べなくて済むので美味しいし、無駄も少ないのだろう。予約しないで行くと待合コーナーは座る場所も無い位に人で一杯なので、予約して行く事に決めている。先日もスマフォのアプリで午後7時半に予約して、5分も待たずにテーブル席に着くことが出来たが、予約しないで行けば40分位は待たされるところだった。それにしても、最近の回転ずしは子供連れが多く、赤ん坊の鳴き声や小学生が元気で走り回っている。もう、こういう雰囲気には慣れてしまったので、特別腹も立たない。我々のテーブルの後ろは大家族で来たグループらしく、通路を挟んで斜め向かいの二つのテーブルに別れて座る事になってしまったらしく、離れた席の家族と大声で会話している。そのうちにそのグループの三歳位の女の子が、息子と私のテーブルの椅子にしなだれかかって来た。多分、斜め向かいの自分の家族の席と間違えたのだろう。母親の目にも入っている筈なのだが、他の子供の面倒を見るのに忙しいのか、注意もしない。見かねた小学3年生位のお兄ちゃんが、抱きかかえて連れ戻して行った。まあ、こんな事に腹を立てていては折角の食事が不味くなるので、親には何も言わなかったが、最近益々こういった母親が多くなっているような気がする。


最近、ネット上で悪質なジョークが流行っていて、テーブル席に付いているお茶を入れる為の熱湯蛇口を、手を洗う為の設備である、というデマだ。実際に手を火傷してしまった若者もおり、ネットに火傷した手の写真が載っていたが、少し考えれば見抜ける嘘なので、まあ自業自得ではあるまいか?あまり、食べ物に美味い不味いを言いたくはないが、100円のマグロは益々美味しくなくなって来ている。所詮、二貫一皿で100円には無理があるのだろう。試しに一貫220円の大トロを食べたら美味しかった。そして、”魚べい”に限ってかも知れないが、軍艦のウニが食べられなくなった。代わりに一貫220円の海苔をまかないウニがあったのでそれを食べたのだが、昔の軍艦ウニ程の美味しさは無かった。それにしても、サイドメニューが豊富だ。フライドポテト、スティックキチン、から揚げ、たこ焼き、うどんやラーメン、パスタまである。デザートメニューも豊富で、ケーキ、プリン、アイスクリーム、メロンもある。飲み物もジュース、コーヒー、コーラまであるので、子供に人気がある訳だ。新聞投書に”ネタだけ食べてシャリを残す大人がいるけれど、作った人の身になって全部食べて欲しい”という小学生の投書があったけれど、子供もしっかりと大人のする事を見ているので、私も気を付けねば。


この廻らない回転ずし店の仕組みだが、高速レーンという名称で、普通の回転ずし店なら寿司が流れているレーンを壁にしてしまい、壁に一車線のレーンを上下に二段作る。このレーンを注文を載せた新幹線や自動車の形をしたキャリアカーが走り、注文したテーブルの横で停止する。客は受け取ったら、タブレットの受け取り完了ボタンを押すとキャリアカーは厨房まで戻って行く。位置決めが正確でないと駄目なのだが、今のデジタル技術ならば楽勝で、タブレットで注文履歴や合計金額までチェック出来るので大変便利だ。もうこれ以上の回転ずしのシステムは無いだろう、と思っていたらTVで次世代のシステムを紹介しており、今まではテーブルの横までだったが、そこから分岐してテーブルの真ん中まで運んで呉れるのだ。回転ずしシステムの進化は止まらないのだろう。もう少し進化したら、ロボットが目の前で握ってくれるのではなかろうか?私は回転ずしのシステムが進化すればする程、味が落ちたような気がしてならないのだが、多分気のせいだろう。「最近は 身の毛もよだつ ネタばかり」


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0