So-net無料ブログ作成
検索選択

アベノミクスはアベのミス 再び [政治]

毎日新聞から引用させて頂く。”国の2016年度の一般会計税収が、前年度実績(56.3兆円)に比べ1兆円弱減少したことが28日明らかになった。法人税収などが低迷したのが要因。税収が前年度実績を割り込むのは、リーマン・ショックの影響があった09年度以来、7年ぶり。経済成長による税収増を旗印にしてきた安倍政権の経済政策「アベノミクス」の限界が顕著になりつつある”。最近「アベノミクス」という言葉を私はあまり聞かないが、活動的な奥様や厚かましい友人、自由奔放な失言を繰り返す秘蔵っ子等の対応に追われ、お忙しい毎日をお過ごしのようで、ゴルフをプレーする時間はあっても、アベノミクスなどにかまっている暇はお有りではないのだろう。冒頭に引用させて頂いた記事でも判るように「アベノミクス」は失敗であろう。もし、成果があったのなら国会で野党の質問など遮ってでも自分の手柄をとうとうと述べているであろうから。私は昨年6月初旬に「アベノミクスはアベのミス」のタイトルで記事を書いており、今読み返しても違和感がないので引用させて頂く。


記事のタイトルを思いついた時点で、この上何も書く必要もあるまいと思ったが、それではあんまりなので、私流に続きを書かせてもらうけれど蛇足でしかない。アベノカクスというタイトルも思いついた。自分のミスを隠す為に、伊勢志摩サミットで”リーマン・ショック級の自体が発生している”と述べたが、各国首脳の賛同は得られなかった。私に言わせれば、大企業の業績は上向いたけれどサラリーマンの賃金は伸びておらず、家庭の消費力は逆に落ちているのが現状だ。これでは”サラリーマン・ショック”、もう、ミスだった事は隠しきれない。アベノオクスというタイトルにしようかなと思ったけれど、この人臆すどころか、強気一点張りの消費税先送りの記者会見だった。少しは反省の言葉が聞けるのかと思ったが、とんでもない。”アベノミクスのエンジンを最大限ふかす”と言う。言葉だけふかしてもどうにもなるまい、と思うのだが燃料は又も国債なのだろう。アベノミクダス、自分の政権延命の為には二枚舌を使うまでもなく、一枚の舌が乾かないうちに、二度に渡る消費税値上げの延期を表明したが公約だったはずだ。二度やる事は三度やる、と思われ国際社会からの信用もなくなってしまう。TPP関連法案や野党が提出した対案も審議せず通常国会を延長せずに閉会した。生活保護を受給する世帯で65歳以上の高齢者の世帯が50%を越えてしまった。国民、特に高齢者が今どのような生活を強いられているかご存知なのだろうか?こうなればアベノナクスしかあるまい、が7月の参議院選挙でも大勢は変るまい。野党に期待したいのだけれども、民進党も相変わらずで期待できる野党がいない。せめて投票率だけでもあがって欲しいのだが、選挙に期待している国民は年々減って前回は60%を切った。正に”この程度の国民だからこの程度の政治”だ。”最高裁判所裁判官国民審査”という国民による審査制度がある。ご存知のように、罷免させたい裁判官の名前にバツを書くという審査方法だ。これを現職首相に適用したらどうだろうか?投票率は上がりこそすれ下がるまい。もうアベノタクス人はいないのでその結果は明白、なのでアベノフクスだろう。こんな妄想をする程、今アベノスクミ状態。アベノタオスに何か妙案は無いのか?


この記事を書いてから1年以上経つのだが、その後は周知のように「アベノミクスの失敗」など吹き飛んでしまうような事件が次から次へと起きて、まるで「アベノミクスの失敗」を隠そうと、慌てて別な話題を提供しているのではないか?と勘ぐってしまう。「三本の矢」が放たれた筈だったのだが、どこかに飛んで行ってしまい行方が判らない。その矢が「活動的な奥様」「厚かましい友人」「失言を繰り返す稲葉防衛相」となって天から戻って来て、安倍総理に突き刺さっているような気がする。他人には致命傷に見えるのだが、彼は矢が刺さっている事さえ気が付いていないのだろう。「共謀罪 アベノミクスにこそ 適用を」


nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: