So-net無料ブログ作成
検索選択

共謀罪成立 この無力感を 都議選で晴らそう [政治]

共謀罪が余りの強引な採決強行で成立してしまった。これだけ反対意見が噴出しているにも拘わらずである。もう開いた口が塞がらないし、国民の間に「どうせ、何をやっても無駄だ!」という無力感が広まる事を恐れる。安倍政権を倒す為にも、まずは都議会で自民党の議席を減らしたいのだが、生憎私は埼玉県民なので投票権が無い。なので、東京都民の有権者の方にお願いしたい。「世も末だ!」という言葉があるけれど、まさに今回の法案成立の過程など、その典型ではあるまいか?


先日「世も末だ!」と思う光景に出くわした。信用金庫のATMを利用する為に、狭い駐車場に車で入ろうとしたのだが、駐車場の2台のスペースを占有する形で真っ赤なスクーターが止まっており、これまた真っ赤なヘルメットを被った爺さんが、熱心に封筒に入った数枚の書類を眺めていて、私の車に気が付かない(後から考えれば、気付いていたのかも知れない)。私はこういう時にクラクションを鳴らすのが大嫌いで、人が熱心に考え事をしている最中に鳴らせば、相手によっては下手をすると喧嘩やそれ以上の騒ぎになる可能性もあるので、仕方なく待っていた。そうこうしている内に、出て行く車があったので駐車する事が出来、ATMに向かった。老人の傍を通った時に、ちらりと彼の横顔と熱心に見ている書類を見たら、70歳を超えた老人で数枚の書類は何かの振込み用紙とその説明書きのように見えた。私がATMで用事を済ませて出てくると、彼はスクーターに跨り後ずさりして方向転換をしようとしている所だった。ふと、スクーターのあった場所を見ると、封筒と書類が落ちていたので「落し物ですよ」と声をかけようとしたのだが、彼の目線を見るとまだ封筒と書類にあった。彼は落としたのではなくて、捨てたのだという事がすぐ理解出来たので、声をかけるのを止めた。何故なら「落し物ですよ」は、彼には嫌味でしかないので、ひと騒動になるのは避けようと考えたからだ。彼は方向を変えて駐車場を出て行ったが、「良く平気で捨てられるなあ」と感心してしまった。コンビニの前にたむろする若者達以下の行動を、70歳を越えた老人が平気でする光景を見て「世も末だなあ」と思う。


我が家の近くにゲートボールが出来る位の公園があり、ちょっとした遊具や砂場もあるので、何時も幼児から中学生位までの子供達が夕方近くまで遊んでいる。トイレもあり、タクシーの運転手も良く利用しているの見かける。あまり交通量の無い通りだがこの公園の道路沿いに花壇があって、今の季節なのでパンジーやチューリップだろうか?長さ20メートル、幅2メートル位の花壇が100株位の色とりどりの花で満開である。車で通る度に「誰が手入れをしているんだろう?」「子供のいたずらに良く遭わないなあ」と感心して楽しませて頂いているが、先日お爺さんが熱心に手入れをしている光景に出くわした。多分、ご近所の方だと思うのだが、毎日手入れしているような立派な花壇を維持されている事に頭が下がる。私は矜持(きょうじ)という言葉が好きで、最近良く使うけれど、意味は”自負、プライド”。彼を見ると、人としての矜持を感じる。かたや、あたり構わずゴミを捨てる老人もいて、矜持どころか「クズがクズを捨てている」としか思えない。さて「共謀罪」、安倍首相は政治家としての矜持がお有りなのだろうか?彼には「森友学園」も「加計学園」もクズになってしまったので、捨ててしまうのだろう。それを許している自民党、公明党の中から矜持を持った政治家が現れないのだろうか?それともクズに埋もれてしまったか?「共謀罪 最初の逮捕は 自民党」


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: