So-net無料ブログ作成
検索選択

酒が無いのは なさけ無い [教育・生活]

先週のCT検査の結果を聞く為に、朝一番で病院に行った。何時もは外来患者などほとんどいないので、待たされずに済む良い(?)病院なのだが、待合室に紺の繋ぎの作業服を着た男性が数人座っており、高齢のご婦人もお一人おいでだった。場違いな作業服に「もしや」と思ったが待つ事にした。後から来た外来患者に受付が「今日は会社の健康診断が入っているので、午後2時からいらした方が待たずに済みますけど」と説明しているのが聞こえる。顔馴染みの看護婦が来て「検査でかなりお待たせする事になりますが、大丈夫ですか?」と言うので「大丈夫です」と応えたが、案の定一時間以上待たされた。私にしてみれば、早く診断結果を知りたい、それも良い結果を。「一見さんより、常連の私を優先すべきだろうに」と思ったが、ここは病院だった事に気がつく。昔、私も立川にある成人病検診センターで、いろんな会社の人達に混じって検査を受けた事があり、その日に検査結果が出るので待っていると、他の会社の人が「あいつ、あの検査結果で明日バーベキューに行くんだってよ。俺だったらとてもそんな気分になれない」と言っているのが聞こえた。「病は気から」という言葉があるように、検査結果などに関係無く、予定通りに楽しむ事を選んだ方が健康には良いのだ、と考えた事を思い出しながら、お呼びがかかるのを待ったのだが、やはりこういう時は不安がよぎり、こういう時間は短い程助かるのだが、生憎の健康診断が入り、やはり長い。私も昔、検査を受ける度に「ガンマGTP」で再検査だったので「健康診断に来た内の数人は再検査になるのだろうな」と思う。「検査すれば、人間どこかしら悪いところがあるさ。例えば頭、顔、性格、体形とか」とつぶやいて気持ちを明るくしようとするのだが、やはりどうしてもいろいろ悪い方向に考えが向いてしまう。


やっと私の番になり、何時もの饒舌な医者が血液検査の結果と前立腺がん検査の結果を説明してくれた。「前立腺がんもPSAが6なので、大丈夫です」と言う。「そんな検査頼んだかな?」と思い、検査結果表の氏名と年齢を覗くと84歳とある。医師から結果表を渡されて「これ、私じゃありませんけど」と言ったら、看護婦が確認し平謝りされてしまった。医者も「今回はPSAを検査しなかったけれど、大丈夫でしょう。心配ならやりますか?」と尋ねられたのだが、勿論、丁寧にお断りした。その後、CT検査の写真を見せられて、肝臓、腎臓、すい臓、胆嚢、胃、腸、大動脈などの説明を長々と受けたのだが、素人には半分以上解らない。結局、「まだら脂肪肝」という診断で「まだ初期段階で、お酒を控えて貰えれば大丈夫。肝臓を元気にする注射もあるけれど、毎月1回打ちますか?」と尋ねられたので、これも丁寧にお断りした。診察結果の説明が終わり診察室を出て時計を見たら、30分近く経過していた。多分、彼は名医なのだろう(結果が良かったのでそう思う事にしたが、そうでなければ..)


やはり、夕食にお酒が飲めないのは寂しいので、先週からお酒の量を半分にして飲んでいる(それでも普通の人より多いかも?)。サントリーのCMで井上遥がハイボールを作って飲むシーンがあるが、今までは「あんな薄いハイボール、美味い訳ないだろう。でも彼女が作ったのだから酔いそう」などと思いながら観ていたのだが、最近私が作って飲むハイボールはもっと薄い、けれど酔う。以前より酔う位なので不思議だ。車に例えればアメ車のリッター3Kmだったのが、軽自動車の12Kmぐらいの違いがある(本当に私の燃費は悪かった)。私はバドミントンをしているが、前程には疲れなくなった。やはり肝臓という位だから「肝」なのだろう。1週間程度の節酒でこの効果なのだから、1ヶ月も続ければ20代の体に戻るのではあるまいか?(オイオイ)。来月、病院に行ったら喜んで血液検査を申し出たい心境だ(悪くなってたりして)。問題は、これから先節酒がどれぐらい続くかどうかである。今日の検査結果で薬が増える事も無かったし、会計が高そうだなと思ったら「今日は診断結果説明なので無料です」と言われたが、その時頭をよぎったのが「浮いたお金で酒が買える!」だったのであまり自信が無い。「検診の 二日前まで 飲み放題」


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: