So-net無料ブログ作成
検索選択

よっ!身売り新聞 [社会]

”読売新聞が、前川喜平前文科次官の出会い系バー通いの報道に関して、「不公正な報道であるかのような批判が出ている」が、「こうした批判は全く当たらない」と、社会部長名で、2017年6月3日付朝刊で主張した。教育行政のトップである人物が、「違法行為が疑われるような店」に出入りすることは不適切であり、「公共の関心事であり、公益目的にかなう」と説明し、「これからも政権・行政の監視と言う報道機関の役割を果たしていく」としている。読売新聞のこの主張に対して、ネットでは批判が相次いでいる。安倍政権が加計学園の獣医学部新設に関与した疑惑への追及をそらすため、読売新聞を通して前川氏のプライベートの行動を利用した、と見る向きが強い。また、朝日新聞記者の上丸洋一氏は、自身のツイッターで、報道すべきポイントは前川氏の行動ではなく、政府の公平性についてではないか、と見解をつづった。”ネット「Livedoor'NEWS」から引用させて頂いたが、ここまで露骨に安倍政権の御用達新聞に成り下がった読売新聞に、最大の皮肉を込めて記事タイトルを付けさせて頂いた。


前川氏の出会い系バー通いの目的は、菅官房長官や読売新聞等の「下種の勘繰り」とは違い「足長おじさん」的な行為だったという週刊誌の記事もある。だが、それ以前に前川氏がプライベートの時間に何をしようが、法を犯さない限り彼の勝手であるし、ましてや「公人」ではない。それを言うなら安倍明恵夫人が、公務員を私用で使っている方が余程問題である筈だ。言うまでもないが前川氏に対する「印象操作」そのもので、「彼の言う事など、出鱈目だ」と思わせようと、読売新聞までもが必死になっていて、もはや滑稽でしかない。そして、この読売新聞の記事に対して、批判が殺到しており、読売新聞社内でもこの記事を嘆いている記者もいるし、購読者にも不買運動が広まりそうな勢いである。こういった裏工作が何の功も奏さずに、返って逆効果になってしまったので、一転して急遽9日に再調査する事を発表したのだが、あまりにも醜い。その再調査も調査結果が何時迄に発表されるのかも明言されていないので、単なる時間の引き延ばしだろう。その気になれば、メールのチェックなど30分もあれば出来るのだから。


それにしても、読売新聞には新聞社としての矜持が無い。2016年下半期の販売部数は朝刊が約895万部、夕刊が約270万部で世界最多であり、題号は江戸時代に瓦版を読みながら売っていた「読売」に由来する140年の歴史を持つ。その日本の3大新聞の一紙が「政府広報新聞」になってしまった。いっそ共産党の機関紙「しんぶん赤旗」のように、与党に身売りする機関紙「醜聞与身売り」とでも名前を変えたら、安倍政権の支持率は高いので、もっと購読者も増えるのではあるまいか?と思ったら、最近の調査では支持率はどの機関の調査でも10%程度急落しているので、あまり期待出来そうもない。読売新聞の情けなさついでにもう一つ、”読売の記者が前川氏に、そうした文書があると明かすのは「守秘義務違反では?」と質問した。会見に出席した与良正男毎日新聞専門編集委員が、「本来、守秘義務との壁と戦う記者の側からそうした質問をしたというのは驚きましたし、ジャーナリズムの危機だと思います。読売は官邸からのリークだと疑われることを覚悟した上でルビコン川を渡ったのでしょう”。「ルビコン川を渡る」とは”もう後戻りはできないという覚悟のもと、重大な決断や行動を起こすこと”の意味だが、読売新聞にその自覚と覚悟はあるのだろうか?株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邉恒雄氏、通称ナベツネは今年で91歳の高齢、なので先日の巨人の13連敗がお体にさわりませんように。「ナベツネの 寿命を巨人が 短くし」


nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: