So-net無料ブログ作成
検索選択

娘が競馬でビギナーズラックで17万円儲けた! [教育・生活]

娘が旦那のご両親と日本ダービーを観に府中の東京競馬場に行き、日本ダービー前の9Rで馬連500円を買って17万円儲かったとメールで知らせて来た。「ビギナーズラック」だとも書いてあったが「お前はビギナーではない!」とメールした。娘からの17万円儲かったというメールを読み終え、何となく面白くない気分の自分に気が付いて、つくづく自分は「他人の幸運を素直に喜べない器の小さい男だなあ」と思うが、人がギャンブル等で儲けた話などあまり聞きたくない。「本当かな?冗談じゃないのかな?」と思い、2日前の新聞を取り出してみたら、確かに「9R馬連②⑧34550円」とあったので間違いあるまい。メールは「17万円儲かった。ビギナーズラックかな?」で終わっている。本来だったら「17万円儲かったので..」の次に「今度、御馳走するね」とか「日頃の感謝を込めて半分あげます」位の気遣いがあっても良さそうなもんだ、と思う。ところが、又メールが来て「親戚が増えたら困るから内緒で!!」と書いてあった。「私は親戚どころか親なんだけどなあ」と思いながら「今度ご馳走して下さい」とメールを返したが、返事は来なかった。来たとしてもせいぜい「ファミレス」か「マクドナルド」だろうけれど。


娘と息子が小さい頃は、結構公園とか動物園に連れて行った。良く連れて行ったのが「ふれあい動物園」という施設で、モルモットやウサギを子供に触らせてくれる。家から車で30分位のところに、こういった施設が数箇所あって子供が喜ぶと思って連れて行ったのだが、ある時娘が「また、ふれあいかよ~」と言ったので「じゃあ、次はお馬さんを見にいこうか?」と誘ったら、あんまり乗り気じゃなかった。当時、私は競馬に夢中で、毎週土曜日はパソコンで単勝を予想しては立川迄バイクで馬券を買いに行っていた。「日曜日に府中の競馬場に家族で行くのも悪くないなあ」と思い提案したら家内が渋った。「競馬場の真ん中は子供が遊べるようになっていて、馬にも乗せてくれるらしいよ」と説得し、家族4人で出かけた。子供達は競馬場内の遊び場にもすぐ飽きてしまい「帰ろうよ~」と言うのだが、まだメインレースまで2、3Rあり、私は帰りたくなかった。「待てよ、ビギナーズラックという言葉があるな」と思い出し、子供達に馬券を買わせる事にした。「好きな番号を鉛筆で塗りつぶしてね」と子供達に単勝のマークシートを書かせて、結果を期待したのだが外れっぱなしだったので、やはり、競馬はそんなに甘くない。それでも、子供達は自分の投票した馬が走るのを熱心に見ていて「馬って綺麗だね~」と喜んでくれたので、嬉しかった。馬券を買わなければ、馬の走る姿などに興味を持たなかったのではあるまいか?(生きた教育になったかな?)


それにしても「本当に 神や仏が いるのかな?」と思うぐらい、娘に幸運が舞い込むのはおかしい(しつこいけど)。幸運は日頃から、コツコツ真面目に働いている人にこそ訪れるべきものだ、と思う(私と言いたいところだが、言わない)。娘は「ビギナーズラック」と言ったが、子供の頃すでに馬券を買った前科(?)があるので、その資格は無い。もしかすると、娘は5歳になる我が子に「好きな数字を言ってみて」と聞いたら「2と8」と答えたのではあるまいか?もしそうならば「ビギナーズラック」になる。孫はまだ「宝くじ」を買った事はあるまい。なので娘より先に、彼に頼んで「宝くじ」を買って貰おうかな?お金は17万円から出して貰えれば、もっと有り難いのだが。「くじ売り場 子連れが多いが 気のせいか?」


nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0