So-net無料ブログ作成

またまた たまご かけ御飯 [料理]

先日「卵かけご飯」の記事を書いたのだが、又も「卵かけご飯」に関して書かせて頂くが、その前にお詫びと訂正です。「高級たまごを爆買いしていた 今村前復興相」の記事の中で、柳家小三治の「卵かけご飯」のマクラを紹介したが、記憶で書いたので内容に間違いは無かったか気になり、ユーチューブで探したら「卵かけご飯」というタイトルで動画が見つかった。再度観直したら大筋ではあっているが、微妙に違っていて、一番の間違いは、マクラなどではなくて21分の立派な噺になっている。そして、一番肝心な部分が抜けていて、それは「夏バテで食欲が無くなった時でも、卵かけご飯だけは食べたくなる」という事だ。又「卵を最初に絶対にかき回してはいけない」と私は書いたが「最初に黄身を少しこわして、その上から醤油をかける」だった。ここに謹んでお詫びと訂正をさせて頂きます、という程の大袈裟な話でもないかも知れない。ついでに「たまご」だが漢字で「卵」あるいは「玉子」と書く場合があり、私はどちらを使うべきか解らなくて、「たまご」や「卵」という表記をしたが、今調べてみたら「卵は調理前で、生まれたままの姿(ママ、?)のたまごを指し、玉子は調理した後のものを指す」だった。言われて見れば「卵焼き」という表記を見た事が無いような気がするが、例外もあり「ゆで玉子」も「ゆで卵」だったりするので、やはり漢字は難しい。ちなみにGoogle翻訳では「卵=egg」「玉子=eggs」だそうだ。


ネットで在日外国人の為の「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO」という日本案内ガイドを見つけた。その中に「外国人は卵が1つあったら何を作る?世界で愛される卵のレシピを外国人と日本人に聞いてみた!」という記事があった。外国人は「ドイツはシュトラマーマックス」だそうだが、どんな料理かと思ったら「ドイツの硬い黒パンの上にソーセージやハム、サラミなど好きなものと目玉焼きをのせる」で、早い話が「目玉焼き」。「韓国はケランマリ」で、又どんな料理か解らなくて写真を観たら、具沢山の卵焼きと説明があり「溶き卵に刻んだたまねぎを混ぜて、塩を少々。あとは丸いフライパンでオムレツのようによく焼くだけ」だが、写真で見たらとても卵1つでは出来ない、少なくとも5~6個は使っているので、韓国人は設問の意味が解っていない。「フランスはオムレツ」「台湾は煮卵」だった。日本人のレシピを紹介すると「半熟目玉焼き」「卵かけご飯」「黄身の醤油漬け」「豆腐の上に卵、納豆、キムチ」。やはり「卵かけご飯」は日本人が大好きな食べ方だ。


「美味しんぼ」という料理漫画に「恥ずかしい料理」という回があった。もう、昔の事なのでどんな料理だったのか忘れてしまったので、ネットで調べてみたら「バター醤油混ぜごはん」「アボガド醤油ごはん」「鯖の中骨ごはん」「ウスターソースごはん」「大福モチお茶漬け」「トンカツの衣だけごはん」等々だった。この中で「大福モチお茶漬け」以外は美味しそうだなと思う。肝心の「卵かけご飯」が入っていなかったけれど、これは「恥ずかしい料理」などでは無くて、立派な日本人のソウルフードなのだろう。だって卵一個13円位でご飯が美味しく食べられるのだから。私は高級たまご等の1個百円もするような「卵かけご飯」の方こそ恥ずかしいような気がするが、高い卵が買えない老人のひがみです。「朝目玉 お昼オムレツ 夜は生」(ネットから借用、読み手が女性なので、夜は生が生々しい。おかげで沢たまきの「ベットで卵(煙草)を飲ま(吸わ)ないで」を思い出してしまった。遠い昔の話です。)


nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0