So-net無料ブログ作成

新横綱 稀勢の里の涙に 貰い泣き [スポーツ]

稀勢の里が涙を浮かべながら優勝賜杯を受け取る姿を見ていて、不覚(?)にも私まで涙が出て来てしまった。新横綱の優勝は1995年初場所の貴乃花以来22年ぶりで戦後5人目だ。私は12勝位してくれれば良いけれどと思っていたのだが、初日からの12連勝で、もしかすると優勝?と期待していたら13日の日馬富士戦で負けてしまい、救急車で運ばれた時には今場所はもう休場するのでは?と思っていた。ところが14日も休まず出場したので、思った程酷い怪我ではなかったのか?と思いきや対戦相手の鶴竜に力が入らずに負けてしまった。この負け方を見て明日は休場かなと思ったが、15日は1敗の照ノ富士を本割では突き落としで下して13勝2敗で並び、優勝決定戦では小手投げで再び照ノ富士を退けたのだから、感動した。照ノ富士は14日に琴奨菊に変化して勝ったのだが、場内から大ブーイングだった。彼も古傷の左膝の怪我を抱えていたので必死だったのだと思う。そして15日は稀勢の里はプライドを捨て右に変化したのだが、立ち合い不成立で二度目は左に動いて足が出ない照ノ富士を突き落とした。そして、優勝決定戦は右手一本で照ノ富士を小手投げで破ったのは見事だった。一方、照ノ富士にも様々なものが背景にあり、アウェイの心情だったのだろう。


こういった経緯があったからこそ、稀勢の里の涙があったのだ。そして、様々な雑音が入りながらもやっと横綱に昇進し、最初の場所に優勝出来たという安堵も手伝っての涙だったと思う。最近、相撲を観ていると立ち合いの変化が許される力士と許されない力士がいるのが観客のブーイングで良く判る。体が小さい力士は立ち合いの変化が無ければ勝つのは難しいので変化も許されるし、どんな変化をするのか楽しみにしているような処もある。一方体の大きい力士は変化は許されない。怪我で変化したい気持ちは良く解るが、観ている相撲ファンは勝負を観に来ているのではなくて、熱の入った良い相撲を観に来ているのだ。そしてそういう力士こそが人気があるのだが、人気があっても負け越してしまえば番付は下がってしまうのが、力士の辛いところ。私は勝ち方にまで美学が求められる相撲という競技が大好きで、重量による階級が無いのも潔い。


「男が泣いて良いのは人生3回だけ」という言葉があるが、3回とは「生まれた時」「父親、母親が死んだ時」と私は教わった。ネットで調べたら「娘を嫁に出す時」というのがあったが、私は嬉し涙だった。その他にも「妻を亡くした時」「子供に先立たれた時」とか真面目な回答があり、成る程と思う。中には「財布を落とした時」「ハイヒールで足を踏まれた時」「玉ねぎを切った時」というのもあったが、論外だ。「自分が死ぬ時」というのもあったのだが、意味不明である。それにしても、齢を摂ったせいか私はTVドラマなどを観ていて良く泣いてしまい、人生3回どころか毎日3回である。人と人が解り合えたシーンや貰い泣きが多い。こんなに涙を流していては水分不足になってしまうので、常にアルコールで補うように心がけている。「待ったなし! 言ってる行事が 可哀相」


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0