So-net無料ブログ作成
検索選択

石原 慎駄郎 [政治]

実に老醜の恥をさらした居直り記者会見だったと思う。自己弁護に終始し、挙句の果ては責任を他人になすりつけた。「私は逃げ回るのが大嫌いな男だ。座して死を待たず」と言うならば、もっと早く記者会見を開くべきだったろうに。もっとも、こんな内容の記者会見では遅かろうが早かろうが何度開いても同じである。記者会見を観ていて、私が一番痛感したのは「知事としての役目を果たしていなかった」事にある。誰でも全ての専門家にはなれない。けれども、専門家の意見を聞いて最終的な判断は自分が行うべきで、判断した全責任をとるのが組織の長である都知事の役目である。それを「私は専門家ではないので、判断は専門家が決めた。瑕疵担保責任については知らなかった。協定書のハンコも勝手に使われた」では、「知事」ではなくて「痴爺」でしかない。挙句の果てに「迷走の責任は小池都知事にある」とまで言い出す始末。迷走の原因を作り、国政の為に途中で都知事を放り出した石原氏に言う資格はない。小池都知事は「あの世代の方たちはよくもののふとか侍とかおっしゃるのでちょっと違和感を感じる」と発言していたが「もののふ(武士)」どころか「もののけ(物の怪)」だ。私は以前、都知事選挙真っ盛りの時に「石原慎太郎はロートルの厚顔」というタイトルで石原氏に関する記事を書いており、その時の彼への印象が今と全然変わっていないので、その時の記事の一部を引用させて頂く。


タイトルは小池百合子氏に対する「大年増で厚化粧の女に任せるわけにはいかない」への、私なりのささやかな抵抗である。「石原慎太郎は死んだろう?」にしようと思ったけれど、生きていたので止めた。生きているどころか大失言をしてしまった。もしかしてタカ派同志なので小池百合子氏が増田陣営に送った刺客ではあるまいか?それ程この失言は小池百合子氏には有利に働く。何故なら、大年増で厚化粧の女性らの反感を買ったので彼女らは小池氏に投票するだろう。彼は命の危険性すらある。小池百合子氏は厚化粧では無い、もしそうならばもっと綺麗だろう。(私もやばい)。さて、石原慎太郎氏だけれども私は彼を信用していない。何故ならば都知事を4選したにもかかわらず、1年半で辞職してしまったから。健康等の理由でやむなくなら理解出来るのだが、そうでは無いので投票して下さった方々への裏切りであろう。石原慎太郎氏は太陽族の教祖だけあって、ノー天気だ。ノー天気という言葉はもう死語かもしれないが、鳥越氏に対する発言の「売国奴だよ、こいつは」の売国奴も死語に近いのではあるまいか?民主党が数年前に思い出させてはくれたけれども。”ノー天気”とは行動が軽はずみの軽薄な人を指す言葉であるけれども、正に石原氏にピッタリだと思う。とにかく失言しては取り消している。彼の失言の一つに、「東日本大震災は天罰だ!」がある。私は始め「天災」の間違いではないか?と思っていた。そして間違いで無い事が解ったので、福島県出身の私でなくとも憤りを感じた人も多かったと思う。もし天罰が下るならば、真っ先に永田町辺りに隕石でも落ちる筈であろうに、未だに落ちて来ない。なので、天罰など有り得ないのだ。


以上引用させて頂いたが、石原氏が会見を終えて「何かみなさん、割り切れないでしょうけどね」と発言したけれど、「都知事としての自覚が無かった事が判ってしまった」今では、私は20日に開かれる百条委員会でも同じ言葉が繰り返されるような気がしてならない。石原氏を見ていると「ロートルは死ねず ただ恥をかくのみ」


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 17

コメント 2

kiyokiyo

tonnura0919さん
こんにちは!^^
僕も同感です!
by kiyokiyo (2017-03-05 16:52) 

tonnura0919

石原氏は都知事選でお見かけした時に比べて、足腰も弱くなられて質問への回答も反応が鈍くて、気の毒になった程でした。それでも、政治家ならば過去の政治責任はきちんと負うべきだろうな、と思い記事にさせて頂きました。
by tonnura0919 (2017-03-05 17:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: